阿部吉朗 大分へ移籍(FC東京 FW)

 

 

阿部吉朗君がFC東京から

大分トリニータへと05年からレンタル移籍することになりました。

 

 

最初に知ったのは大分かぼすさんからの

 

 

「報知新聞を開いたらビックリ。阿部吉朗がわが大分へレンタル移籍との事です。

 ソースが放置ですので、100%の信頼は置けないんですが、

 書き方を見ると間違いなさそうです。」

 

 

とのメールをいただいて知りました。

(大分かぼすさんのメールは原文ママ。報知ではなく放置と書かれてあった)

 

 

とはいえ、まだ心の中に、

「報知の信用性はゼロ」

というサッカーファンなら常識というか

必須暗記方程式があったため、そこまで信じてなかった。

 

 

しかし、FC東京の機関紙であるトーチュウに

「阿部 期限付き移籍で大分へ」

という文字を見つけて諦めざるをえない状況に。

 

“阿部吉朗説明書”などでどんなプレイヤーなのか

数多くの東京系サイトでトリサポの方にお知らせしていますが、

遅ればせながらうちでもマジメにどんなプレイヤーか、

そしてこの移籍の是非などをぬるく書いてみました。

 

 

まぁとりあえずこの移籍ニュース聞いたときは残念だなと思いました。

03年に加入後・・・・・というか02年の天皇杯の時点から加入し、

いきなりゴール決める活躍で東京サポの心をわしづかみにしたのが

この小さなストライカー。

 

小さいながらも競り合いにはめっぽう強く、

競り勝ってヘディングぶちかます場面しばしば。

トリサポには申し訳ありませんが、

 

04年1st2節で三木と競り合い、頭をかちわって失神させ、

途中交代に追い込んだのはこの吉朗です。

 

その節はご迷惑おかけしました。

 

 

あと03年1st対戦時、

いきなり裏へとびだして先制ゴール決めたのもこの吉朗です。

あの震えるような裏への飛び出し覚えている方もいるかと思われます。

あと04年2nd対戦時、

ルーカスへドリブルしながら絶妙の高速クロスを供給したのもこの男です。

 

 

強引なまでにゴールをめざし、

FWなのにパスで終わるなんてシーンはなく、最後はシュート。

コース見えたらシュートで終わるのが阿部吉朗。

04年のナビスコカップ準決勝。

あのルーカスのヘッドはコーナーキックからでしたが、

そのコーナーは阿部ちゃんの強引なドリブルがもたらしたものでした。

ゴール目指して強引に1vs1仕掛け、相手に突っかけられてコーナーを獲得。

吉朗さまさまです。

 

 

そしてスーパーサブでの大活躍。

スーパーサブ賞なんてのがあったら間違いなく今年は阿部ちゃんが受賞。

04年の2ndセレッソ戦、ナビスコ準決勝ガンバ戦、エスパルス戦、ヴィッセル戦と

実に4試合連続で途中出場からゴールを決めた。

 

そしてその最高峰ともいえたゴールが

03年の2nd、セレッソ戦。

布部に先制され、アマのヘッドで追いつき

1−1で迎えた試合終了間際に出場し、

なんとファーストタッチで劇的な逆転ゴールを叩き込んだ。

 

あの雨の中の劇的なゴールは見るものに震えるほどの感動を与えました。

ちょうど流通経済大の後輩も大勢観戦・応援しにきているさなかの

劇的な逆転決勝ゴールはいまでも東京サポの心に刻まれている。

 

 

 

ゴール数自体は確かに多くはないが、

どれもが記憶に残る素晴らしいものでした。

 

 

03年開幕戦でいきなりスタメンで登場し、

ケリーへ決勝点をアシストする活躍。

 

2ndのマリノス戦で爆勝の火蓋をきった先制ゴール。

 

アマラオ、ホームラストゲーム&決戦東京ダービーでの

ケリーのクロスに合わせて叩き込んだヘッド・・・・・。

 

 

 

東京にとって必要不可欠なストライカーでした。

トリニータが狙うのもうなずけます。

では何故レンタル移籍決まったのか?

と尋ねられれば、やはりスタメンへのこだわりかと。

 

 

今FC東京は4−5−1システムをとっています。

で、阿部ちゃんはFWですがこの1トップFWタイプではなく、

2トップ向きのFW。もっといえばウイングタイプのFW。

 

 

ルーカスが負傷した場合、じゃあかわりに阿部ちゃんがスタメン・・・・

・・・というのはありえません。

1トップの控えは近藤です。

阿部ちゃんでは1トップはつとまりません。

 

 

じゃあ右サイドハーフは?

ここは石川が君臨しています。

 

 

じゃあじゃあ左サイドハーフは?

ここは戸田が汗をかく聖域です。

もしくは馬場がボールをこねくり回すところです。

 

 

というわけで4−5−1システムの中では

阿部ちゃんがスタメンをとれるポジションはどこにもない。

 

それなら4−4−2にすれば?

という方もいるでしょうが、実際04年序盤、

トップ下の将軍ケリーが負傷のためにやむなく4−4−2が採用され、

ルーカスと阿部ちゃんの2トップがスタメン出場でした。

 

しかし、内容は散々。

開幕戦のアルビ戦、3節の東京ダービーでは勝ったものの

サポーターからは皮肉のケリーコールが起こるほど。

やはりFC東京が4−4−2をこの先採用する可能性はほとんどない。

 

 

結局、阿部ちゃんが出場できるのは

リードされてたりドロー最中の試合後半のスーパーサブ出場か、

石川がケガしたとき代わりに出場ぐらい。

 

 

これが今までならよかったんです。

まだ大学卒業してすぐだったし。

 

 

でも、もう今年で阿部ちゃんも25歳。

選手として一番脂ののるような、一番成長するような、

キャリアの絶頂にさしかかるような時期にずっとベンチスタートでは

この先の成長は望めない。

厳しいですがこれは本当のこと。

 

このままベンチ生活続いていても、

スーパーサブを超えるレベルには達せず、

いつもの通り1試合25分程度の出場が続くばかりでしょう。

 

やはりはたから見ていても、

このままじゃ阿部ちゃんマズイんじゃ・・・・と思うくらい。

阿部ちゃん自身色々考えたんでしょう、

そして今回の移籍に至ったと思います。

 

 

 

トリニータでは4−3−3が去年採用された。

新監督のファンボがこのままこのフォーメーションを採用するのかは

まだわからないものの、4−3−3継続ならば

阿部ちゃんは西山にかわって右のウイングでスタメン出場だと思います。

 

彼にとって絶好のポジションが用意されている状況・・・・・

ここで結果だせなかったらというより、普通に期待できるとは思うのですが。

(決して西山を軽視しているわけではない)

松橋、木島とかなりかぶる感じですが、あの2人より能力は上だと思う・・・・

というかそう信じたい。

 

 

 

西山スタメンで阿部ちゃんベンチスタート、

で、スーパーサブ出場が続くならば間違いなく1年で東京に復帰するでしょうが、

 

 

問題なのは阿部ちゃんが活躍した場合。

 

 

当然トリニータは引きとめ&完全移籍へ動くだろうし、

FC東京もリーグ戦制覇のためには欠かせない存在だから復帰要請するだろうし・・・

そこで、スタメンが確保されているトリニータへ気持ちが動き、

完全移籍なんてなったら悲しい。

 

とはいえ活躍できず戻ってくるのも悲しい。

 

 

うーんFC東京ファンとしてはどうしたらいいんでしょう。

複雑です。

 

戻る