ヴェルディの観客数

 

Jリーグ創生期には必ずスタジアムを満員にするほどの

超動員力を誇っていたヴェルディ(川崎)

いまや見る影もないほど観客数は減ってしまった。

 

J観客数のビリはジェフだがホームスタジアム環境を考えるとビリはウェルディだろう。

 

ヴェルディの観客数には2つの特徴がある。

 

 

1つはゴール裏に陣取るようなコアサポーターの数が少ない。

去年、ヴェルディのゴール裏の方が多かったのはトリニータ戦だけであった

言い換えればヴェルディは常にアウェーの状況で戦っているのである。

これは凄いハンデだし、選手も浮かばれない。

(等々力競技場を使っていた頃に比べればまだマシともいえるが・・・)

 

 

もう1つはライトな層、浮動客が他のクラブに比べかなり多いということだ。

”ヴェルディ”というブランド力古豪という力で良いカードの時はライトな客、

悪くいえばにわかが結構くるのである。

これはジュビロ戦、アントラーズ戦、エスパルス戦、マリノス戦があげられる。

昔、”因縁対決””黄金カード”と呼ばれた全盛期に比べると少ないが、

それでも普段の試合よりかなり客を集めている。

(ジュビロ、アントラーズ戦は30000人以上!普段は10000人いくかいかないか

しかも試合内容も素晴らしかった。)

 

 

だが、ライトな層ばかり増えても決してホームという雰囲気はつくれないものだと思う。

やはりゴール裏やコアなゾーンの客が増えてこそ、ホームの雰囲気はできるもの。

しかしそのコアな客は同じ味スタをホームとするFC東京がどんどん増えていき、

ヴェルディの方はあまり増えていない。両チームには大きな差ができているのだ。

 

戻る