オゼアス不敗神話  (元神戸・新潟FW)

 

 

 

03年のJリーグ。

 

「久保 不敗神話」

「玉田 不敗神話」

 

などのように、

“久保が決めたら負けない” などのジンクスがあった。

 

 

しかし、そんな不敗神話ジンクスで

最も強烈 かつ、一番有名 なのはやはり

オゼアス不敗神話 だろう。

 

 

 

 

02年、全く攻めの形がつくれず、

超深刻な得点力不足におちいっていたヴィッセルは、

中断期に大型ストライカー オゼアスを補強。

 

鳴り物入りで加入したストライカーは前評判通りの

すんばらしい活躍を見せ、貴重な貴重なゴールを量産

02年ヴィッセルの残留に大きく貢献した。

 

 

 

さて、契約延長が決まった03年だったのだが、

前年にはなかった連携の深さまで加わり、

開幕戦のセレッソ戦でいきなり強烈なゴールを奪う。

 

その後もコンスタントにゴールを決めていったのだが・・・・

 

 

 

私が気づき始めたのは1st11節のガンバ戦。

 

 

 

 

「なんか、オゼアスが決めると

ドロー以上の結果じゃないか?」

 

 

 

 

 

まさにその通りで、

そのうちスーパーサッカーや、やべっちFCでも

「オゼアス不敗神話」

なる言葉がでてくるようになった。

 

 

 

 

 

では、データを見ていただきたい。

 

 

 

 

st stage

 1節 vsC大阪 ○1−0   オゼアス

 3節 vs市原  ○3−0   オゼアス、播戸2

 7節 vs柏    ○1−0   オゼアス

 8節 vs浦和  ○3−2   オゼアス、播戸、カズ

11節 vsG大阪 ○4−3   オゼアス2、カズ、シジクレイ

13節 vs鹿島  △3−3   オゼアス2、播戸

 

nd stage

 6節 vsG大阪 △2−2   オゼアス、シジクレイ

 8節 vs大分  △2−2   オゼアス、シジクレイ

 9節 vs磐田  ●1−3   オゼアス  ←唯一の負け

10節 vs名古屋 ○2−1   オゼアスOG

14節 vs京都  ○2−0   オゼアス、播戸

 

 

 

どうですか?

 

 

 

 

すさまじい戦跡ですよ。

 

 

 

オゼアスが決めずに勝った試合は

たったの

 

 

また、オゼアスが決めずにドローに持ち込んだ試合も

わずかに

 

 

 

これはとてつもない数字だし、

いかにヴィッセルがオゼアスに依存していたかを示し、

いかにオゼアスが決めるとムードがあがるかを示している数字といえます。

 

 

 

もともと03年ヴィッセルは残留争いをしたこともあり、

負け試合の方が多かった。

それなのにオゼアスが決めた試合でこれだけ勝ち星がとれるってのは、

味方にすればとんでもなく心強いと思われる。

 

 

 

 

ただのジンクスではありますが、

味方は

「よーし、オゼアスが決めた!この試合はもらった」

みたいに勢いづく選手もいたんではないかと思います。

(実際にそんな選手いたかは不明)

 

 

 

 

一方、オゼアス自身のキャラクターも最高で、

忘れられないのがやべっちFCで何かの賞をもらった時のこと。

 

 

 

 

 

 

 

オゼアス

 

 

「ハ〜イ!  ヤベッチ〜!

 ヴィッセル神戸の〜

 

 オ ・ ゼ ・ ア ・ ス ちゃん やで〜!

 2nd stageもぉ〜 バリバリ決めるから〜

 よく見といたってくれや〜

 

 お ・ お ・ き ・ に〜! 

 

 

 

 

(全て日本語・・・・!)

 

 

 

 

 

とんでもなく笑えた。

と、同時によくここまで日本語をマスターしたなぁ・・・

特に関西風だし・・・・・

 

 

必死にこのスピーチだけを覚えたのかもしれないが、

ブラジル人がここまでスピーチをやってくれるなんて

日々日本語を学んでいたオゼアスの姿を思うだけで

ホントに泣けてくる。

 

 

 

牛サポさんが掲示板で語った

 

「サポーターの声援に必ず手を振って応える男、否、漢」

 

というように

 

「俺はただ金を稼ぎに日本へ来てやったんだ」

 

などのような傲慢さが微塵も感じられないナイスガイだった。

 

 

 

反町監督の意向で04年中断期、

ブラジルのクラブからアルビレックス新潟へ移籍。

再びJリーグの舞台へと舞い戻ってきた。

 

心配なのは年齢だ。

02、03年のときはかなり屈強な体格で動きもキレキレだったが、

『運動量が落ちているので、とりあえず走らせる』

と、反町監督が語っているように

もしかしたらと思うのだが、

今までみたオゼアスより能力が落ちているかもしれない。

 

 

果たしてどんな動きなのかは2nd stageのお楽しみだろう。

 

てなことを今年の7月に書き、コラムをUPしたのだが、

ここでやはりアルビレックスでの戦跡をも触れてみたい。

 

 

 

 

 

親善試合 

  vsバレンシア ○5−2   オゼアス2、安2、栗原

nd stage

 2節 vs市原  △3−3   オゼアス、ファビーニョ、エジミウソン

 3節 vs神戸  ○4−3   オゼアス、山口、ファビーニョ、エジミウソン

 8節 vs大分  ○3−0   オゼアス、ファビーニョ、エジミウソン

10節 vs磐田  ●1−3   オゼアス  ←唯一の負け

 

 

 

うーん、やっぱし凄い。

デビュー戦のバレンシア戦でいきなりかましたかと思えば、

その後も3試合もジンクス更新。

 

で、おそらくもう年齢的にもJでやることは無いと思うし、

最後に全ての成績をまとめてみました。

 

 

 

 

 

2002年 2nd stage

 3節 vs札幌  ○2−1  オゼアス、アリソン

 4節 vs名古屋 ○2−0  オゼアス、アリソン

 5節 vs京都  ●1−2  オゼアス

 6節 vsG大阪 ○3−2  オゼアス、佐伯、城

 9節 vsF東京 ●2−3  オゼアス、望月

13節 vs仙台  △2−2  オゼアス、シジクレイ

 

2003年 st stage                     ↓不敗神話発動開始

 1節 vsC大阪 ○1−0   オゼアス

 3節 vs市原  ○3−0   オゼアス、播戸2

 7節 vs柏    ○1−0   オゼアス

 8節 vs浦和  ○3−2   オゼアス、播戸、カズ

11節 vsG大阪 ○4−3   オゼアス2、カズ、シジクレイ

13節 vs鹿島  △3−3   オゼアス2、播戸

nd stage

 6節 vsG大阪 △2−2   オゼアス、シジクレイ

 8節 vs大分  △2−2   オゼアス、シジクレイ

 9節 vs磐田  ●1−3   オゼアス  ←唯一の負け

10節 vs名古屋 ○2−1   オゼアスOG

14節 vs京都  ○2−0   オゼアス、播戸

(ヴィッセル退団 → ブラジルへ → アルビ途中加入)

親善試合 

  vsバレンシア ○5−2   オゼアス2、安2、栗原

nd stage

 2節 vs市原  △3−3   オゼアス、ファビーニョ、エジミウソン

 3節 vs神戸  ○4−3   オゼアス、山口、ファビーニョ、エジミウソン

 8節 vs大分  ○3−0   オゼアス、ファビーニョ、エジミウソン

10節 vs磐田  ●1−3   オゼアス  ←唯一の負け

 


 

 

ホントにオゼアスってすげぇな。

 

結局22試合中、18試合はドロー以上。

 

不敗神話発動してから、負けたのは2試合のみか・・・・・・・・。

しかもその負けた2試合がどっちもジュビロ戦というのがアレですな。

 

 

(元々、ヴィッセルはジュビロに凄く相性悪く、

 2004年の1stでドローに持ち込んだのも凄く珍しい結果。

 もう毎回毎回ジュビロには負けているというデータ。

 てなわけでオゼアスが決めたのに負けたジュビロ戦では

 「神話の終わりと神話の続き」

 なんて見出しでした。)

 

 

オゼアス今までありがとうございました。

戻る