西野監督退任?続行?(03年オフシーズン)

 

 

2003シーズンのガンバは、優勝できる戦力を擁し、

期待されていたものの見事に期待を裏切って大低迷。

そしてたび重なるロスタイム被弾に代表されるような最低の内容。

 

主力の人気選手である、吉原や新井場と

起用法をめぐっての西野監督との確執。

もうこれでもかというくらいひどいシーズンだったガンバ。

 

 

さて、西野監督も結局、ダメ監督というレッテル貼られて

03年限りで退任か・・・・・

 

なんて思ってたら、

 

 

どうやら契約延長との噂が・・・・!

 

 

まさか!あんなにひどかったのに!

ここでガンバサポはもちろん、他サポですら見守る事態に。

 

なぜなら、西野監督続投なら、

新井場、吉原、木場、中山など次々に主力が

移籍マーケットにだされることになる。(と、予測)

なにより、今年の迷走ぶりからもし西野続投なら

来年のガンバ戦は楽勝だなと皆勝手に予測していたからだ。

 

 

そしてしばらくし、ドデカいニュースが。

 

 

 

西野監督、退任へ。

(サンケイスポーツ)

 

 

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

 

 

 

いやーよかったよかった。

あんな監督がまた来シーズンも指揮をとったら

Jリーグのレベルの低下につながるからな。

 

 

しかし!

数分後にこんなニュースが。

 

 

 

 

西野監督、契約延長へ。

(日刊スポーツ)

 

 

 

おいおいおいおいおいおい。

 

 

 

何この情報戦。

いったいどっちがデマなんだ・・・・

いや、むしろ頼むから退任になってよ。 (byガンバサポの声)

 

 

この、大混乱を招いている事態に終止符をうつのは、信頼できる情報。

すなわち、ガンバオフィシャルの情報である。

 

そして喚き、騒ぎ、待つことウン十分。

ついに、公式サイトで発表が。

 

 

 

 

西野監督と、

契約延長に合意しました。

(ガンバ大阪 公式)

 

 

 

今でも覚えている。

このニュースがリリースされた直後、

2chのガンバスレは大騒ぎだった。

放心するガンバサポの書き込みと

「日本一の指揮官続投おめでとう!」

なんて煽り書き込みする他サポでえらく賑わっていた。

 

そして、サポーターが願い狂った新井場の残留もかなわず、

アントラーズへの移籍が決定。

 

 

この契約延長劇は

他サポ、ガンバサポだけではなく

メディアの方もかなり過激に反応していた。

 

サッカーマガジン・(当時)ガンバ担当 秋山氏

 

「やみくもな解任には反対だ。

 しかし、これだけ結果を出せなかったら

 プロとして何らかの責任をとるべきではないのか。」

 

 

“西野監督”という単語は一切でてこなかったが、

誰について書いてあるのかよーくわかる文章。

 

 

 

サッカーマガジンで当時連載していた

木曜日のボール・近藤篤氏

 

「Jリーグ監督関係のニュースを耳にする日が続いている。

 1、そりゃまぁ当然でしょう、という解任。

 2、おいおいマジですか? という辞任。

 3、ほんまですかあ! という続投。

 ニュースは概ねこの3パターンだ。

 

 (中略)

 

 ところが。Jリーグにはどうやらサッカーにおける

 最優先事項が異なるクラブもあるらしい。

 優勝を狙えるだけの戦力を持ちながら

 そこそこの成績しか残せず、

 内容的にも面白みに欠けるサッカーしか見せられなかった監督に、

 続投の判断が下ったりする。

 

 そんなニュースを目にすると、

 クラブにはまったく関係のない僕のような人間でさえ、

 すさまじい脱力感に襲われ、原稿を書く筆が凍りついて

 締め切りに2日遅れる。

 自分で決められない虚しさ、悔しさ、情けなさ。」

 

 

 

“ニュースは概ねこの3パターンだ。

1、そりゃまぁ当然でしょう、という解任。

2、おいおいマジですか? という辞任。

3、ほんまですかあ! という続投。 ”

 

こりゃあ名文句だあ。

 

 

この文章も、“西野監督”という単語は一切でてこなかったが、

誰について書いてあるのかよーくよーくわかる文章。

みんな思っていたことが全部載せられている。

 

ちなみに、この本文中には、

大阪の「太陽の塔」の写真が載せられている。

大阪の有名な建造物である太陽の塔・・・・・・てことは誰に言ってるのか・・・・・。

 

ま、言ってるも同然なんだけどね。

 

 

そんなこんなで

ファン・サポーター・マスコミ全員から

「西野監督続投したガンバは、来年やばいことになるぞ」

という予想をされていた。

 

僕自身も

2004シーズンガンバは

2003シーズンガンバと同じような成績、

もしくはそれ以下かと思いきや・・・・・

 

思いきや、

序盤こそもたついたが、1st終盤〜2nd序盤にかけて急成長。

大黒が覚醒したり、マグロン頼みの攻撃ではなくなったり、

二川がかなり成長したり、

アジアカップで疲れた宮本をベンチに温存できるほど層が厚くなったり、

04シーズン獲得したフェルナンジーニョとシジクレイはしっかりした活躍したり、

なかなかどうしていい感じ。

 

 

 

おまけにセカンドステージ開幕4連勝しちゃうし。

優勝争いに絡むし。

 

西野監督は就任1年目の02シーズンにかなり好成績残した。

それによって周囲が過度の期待をかけてしまい、

見てる側と現場側に大きなギャップができてたようだ。

 

西野監督いわく、「一年目はできすぎ」と言っていたし、

2年目のあの体たらくは褒められたものではないけど

ちょっと周りが期待しすぎていた部分があったのかも。

3年目にきて、いい仕上がりになってきてる。

 

うーん。

今のガンバを見ていると、

続投が完全に失敗だったとは言えないな。

 

僕はあの続投発表時、

「そりゃねーだろ!」

とショックを受け、わめいていた一人なので、少し反省した。

(UP日 04年9月17日  リニューアル 05年12月1日)

戻る