久保 竜彦の移籍

 

 

02年のオフシーズン、最も注目されていたのが、

久保がどこへ移籍するのか?についてだった。

 

 

 

J2降格したサンフレッチェをでるのは既に決定。

どこが獲得するのか・・・その動向が注目の的で、

ジュビロとマリノスの獲得レースの上、

マリノスへの移籍が決定した。

 

 

 

 

その当時、私は02W杯以降からJリーグにはまったため、

久保がどんだけ凄いストライカーかよく知らなかった。

そのため、何故ここまで熾烈なとりあいしてるのか、

あまりピンとこなかった。

 

 

 

しかし、03シーズンが終わり、

久保の凄さを思い知らされた

 

 

最初はなかなか点もとれず、動きも悪かった。

なんでこのストライカーをジュビロやマリノスはとろうとしたんだ?

とまで思ったときもあったが、

 

何故、このストライカーがこれだけ期待されていたのか。

何故、潜在能力の凄さが特集されていたのか。

よくわかった。

 

 

02年、高原の爆発ぶりを見た時もいい意味で大きなショックをうけた。

その高原がHSVに移籍したのでガッカリしたが、

久保の活躍で高原のことが遠い昔に思えるほどだった。

 

 

 

 

02の高原と03の久保どっちが凄かったかなぁ・・・・

ゴール数は高原の方が多かったけど、

やはり衝撃度的に久保かなぁ・・・・でもゴール量産度考えると・・・

 

まぁ、それはおいといて、久保にとってこの移籍は大成功だったといえる。

 

 

 

そしてサカマガの伊東編集長が

 

 

 

「今年の移籍市場の活発の要因は久保の移籍の成功例からではないか」

「こうゆうのもありなんだ、と多くの選手に移籍の意識を植え付けた」

 

 

 

というようなことが書いてあり、おおいにうなずけた。

それまで、ビッグストライカーが移籍し、そして大成功というのは

あまりなかったし、久保ほどのインパクトは皆無。

 

 

 

久保が成功したこともあり、「俺も移籍でレベルアップを」

と思うようになった選手も多く出たのは間違いない。

 

 

 

実際、もしJ2降格したサンフレッチェにあのまま久保が残留したら、

どうなっていただろうか。

 

まずいえるのは代表には活躍どころか、選ばれなかっただろう。

そしてこれほどのゴール数もあげられなかっただろうと思う。

 

移籍した結果、代表ではエースの座をつかみ、

マリノスでもゴールを量産した。

 

やはり移籍が活発になればそれだけ注目も大きいし、

ファンも目が離せない。

 

昔みたいにホント数名、極少数名が移籍。だったらマンネリ化するし、

リーグの盛況にも影響するはずだ。

 

余談だが、イタリアの有名なスポーツ新聞、

”ガゼッタ・デロ・スポルト”などの一番売れる時期は

移籍が活発なオフシーズンである。

 

 

戻る