FC東京の外国人選手

 

 

FC東京ネタコラム第二弾はFC東京の外国人選手についてである。

 

 

 

まず、アマラオ

 

 

彼の偉大さはこちらのコラムより読んでいただくとして、

 

 

 

 

 

もはや外人だとか助っ人だとか

そうゆうレベルを超越してる存在だ。

 

 

 

彼の偉大さもフロントはしっかりわかっていて、

ギリギリまで契約を延長していた。

(それに実際に03年を除けば全ての年で活躍していた)

 

 

 

退団の際もホーム最終戦、

「You'll never walk alone」

の映像シーンでは、今までのアマラオの思い出をふりかえるビデオが流れ始め、

感動したと同時にフロントのアマラオへの敬意と配慮を感じた。

 

 

 

 

 

 

そしてケリー

 

 

 

パラナ州最高の選手と評されたほどの逸材は

まさに”ケリーのチーム”と大将福田が言ってしまうほど素晴らしいプレーを披露。

 

すさまじいボールキープ力とパスセンス。最高クラスのMF。

馬場が成長してきたといってもまだまだケリーの域には達していない。

 

 

 

こんないい選手の年棒が

2800万だなんてにわかに信じがたい。

 

(だって、ジュビロのほとんど出場してないガヴィオンが年棒3000万!

1ゴールもあげずに退団決定したセレッソのロブレクは3400万!)

 

 

 

 

 

レアルマドリード戦でも暴れまわり、

ロナウドに「こんないいブラジル人がいたのか」と言わしめ、

 

 

 

全くFC東京に興味なく、

レアル目当てで見に行った友達たちはケリーの凄さに驚き、

それがきっかけで今ではすっかりFC東京のサポになっている。

 

 

 

Jリーグファンを増やしてくれたケリーよ、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

そしてジャーン

 

 

 

シジパナジャーンの中で一番いいプレイヤーはジャーンだ。

間違いない。

そして私も一番好き・・・・いや、一番はパナディッチだな。

 

 

 

ブラジル時代のあだ名は”ドイツ人”だったらしいが、

なるほど。確かにヨーロッパ系の顔だ。

 

あの恐ろしい顔に比例し、ガンガン頭でボールを跳ね返す守護神。

そして得点能力も高い。

 

 

04年1stの東京ダービーで1−2からヘッドでねじ込んだ時には

私、絶叫しました。

 

 

そういやU−20、U−22ブラジル代表だったなぁ。

DFでこれだけ華々しく、目立つプレイヤーもめずらしい。

 

こんなに活躍してると、7月のデポルディーポ遠征のときに

海外からオファーきてとられてしまうんじゃないかとヒヤヒヤする。

 

しかもちょうどデポルはドナト、ナイベトと立て続けにセンターバックが退団してる。

これはもしかしたらデポルディーポに移籍しちゃうんじゃ・・・。

 

ってさすがにそれはないな。

 

 

 

 

 

 

 

そしてルーカス

 

 

 

 

元シドニー五輪ブラジル代表。

そしてレンヌへ20何億円だかで移籍。

 

 

その後スランプにおちいっていたところをFC東京が獲得。

肩書きにありがちな”元ブラジル代表”だとかよりよっぽど期待できる。

もちろんポジションは1トップのFW。

 

そのスランプを日本でもひきずっていたのか知らないが、

序盤は沈黙。

 

 

しかし1stガンバ戦から覚醒しはじめ、

1stグランパス戦では

 

 

 

 

 

 

「こいつは20億円だ」

 

 

 

 

 

と私に意味のわからない絶叫をさせる

スーパープレーをしてくれた。

 

 

 

ブラジル時代に組んでいた、ケリーとのコンビがとてつもなく素晴らしいらしいが、

いかんせん今年のケリーはケガのため

まだ二人が一緒にプレーする時間は少ない。

 

早く見てみたいなぁ。

 

 

 

ちなみに、1トップをアマラオから引き継ぐこともあって

背番号はアマラオのつけていた11番をつけるかと思いきや、

 

福田のつけていた9番をつけた。

 

 

これはどういうことなんだろうか。。。

 

 

偉大なる先輩、アマラオの幻想に押しつぶされないために

フロント側が配慮したのだろうか?

アマラオはアマラオで、ルーカスはルーカス。・・・と。

 

 

 

だとしたらかなり配慮がいきわたってると思う。

こんなところでもフロントのしっかりした考えが垣間見える。

 

 

 

 

 

で、ここまで4人しか書いてないんだがもうこれで充分なのである。

昔にはサンドロ、トゥットがいたが、

(02年にはオリベイラとかいう18歳のブラジル人が謎にいたが・・・)

FC東京はここ何年かにおいて外国人はこれしか獲得していない。

 

 

 

 

 

つまり、しっかりして、長期間にわたってコンスタントに活躍する選手を獲得している。

 

 

 

 

 

実に外国人選手の獲得がウマい。

 

 

素晴らしいね。

戻る