2003 賞づくし

 

 

いや〜ホント面白かった2003年シーズンのJリーグ。

今回は私が勝手に色々な賞を決定して発表するという

どうでもいいコラムです。

 

 

 

 

最低主審賞  柏原

 

 

やっぱ最低ですわこの人は。

いうことないね。

 

 

高山主審も最後まで受賞かと思われたんだが、

あと一歩およばず。

 

 

柏原さんが受賞の決め手になったのは

開幕戦のジェフ○2−1●ヴェルディでの

いきなりのレッドカード連発。

 

 

このスタートダッシュによってかなりインパクトがあった。

そして、顔面の悪人度でも高山氏を凌駕していた。

 

 

さて、2004シーズンはどちらが受賞するのか。

今から楽しみではある。

 

 

 

 

 

最優秀監督賞  オシム  (ジェフ市原)

 

 

ジェフは素晴らしいチームにこの人のおかげでかわった。

Jリーグが世界に誇れる素晴らしい監督。

 

また、含蓄とウィットに富んだ数々のオシム語録も人気。

頼むからあと3年は日本で指揮してください。

 

完全優勝の岡ちゃんは次点。

戦力の違いも考慮しての結果。

 

 

 

(オシム語録のコラムはこちら   オシム監督のコラムはこちら

 

 

 

最低監督賞   西野  (ガンバ大阪)

 

 

 

「荷物をまとめて柏へ帰れ」

 

 

と、ガンバサポの罵声を集めに集めた最低監督。

おまけに2ndの3節、古巣のレイソル戦では

ガンバサポばかりかレイソルサポからも

ガンガン罵声を浴び、ついにブチ切れたのか

審判に文句を言いにピッチへ乱入。

 

おまけにファイルをピッチに投げ捨てるというご乱交。

(もちろん退席処分)

 

 

 

はっきりいってピム監督やロリ監督もこの人には遠く及ばない。

 

 

 

 

 

最高フロント賞  横浜F・マリノス

 

 

失意のシーズンだった02年。

巻き返すべく補強した

佐藤由紀彦、久保、ユ・サンチョル、マルキーニョスなどなど

皆素晴らしい活躍ぶりだった。

 

 

しかもカフ―の獲得に失敗した後すぐさま

ユ・サンチョルを獲得するなど行動も早く、いい人材をゲットしたのは大きい。

あと、岡田監督を招聘できたのも大きい。

 

岡田監督自身、マリノスのフロントに対して感謝の念をいつも述べていた。

 

 

また、ホーム最終戦であるマリノス○3−0●ヴィッセルは超満員の6万人近く。

小学生、日産社員などを動員した事実もあるが、

やはり優勝かかったゲームで

優勝ゲームにふさわしい舞台を用意しよう、

スタジアムを超満員にしよう、と尽くしたフロントは偉いと思う。

特に、滅多に超満員にならない横国なので・・・。

 

 

 

 

最低フロント賞  京都パープルサンガ

 

 

せっかくエンゲルスといういい監督がいたのにフロントが終わってた。

 

パクチソンのPSVへの移籍は仕方ないとして、

その穴を埋めるべく獲得した

マルキーニョス、レジ、コジョンス、イムユファン

ほぼ全ての外国人獲得失敗。

 

 

 

そして木村文治。

アンタが諸悪の根源だ。

 

 

ピムもとんでもなくつまんないサッカーを披露したかと思えば

さっさと別の代表監督へと就任。

 

 

西野と契約延長したガンバフロントに比べても

その最低度は輝いていた。

 

 

 

 

最も感動した賞  アマラオ、ホームラストゲーム

 

 

 

「俺たちは清水とともに闘う!」              (ベガルタ仙台)

「ゴール裏応援統一」                     (ガンバ大阪)

「完全優勝のさなか、泣き崩れる榎本哲」  (横浜F・マリノス)

「ネルソン吉村に届け、このゴール」         (セレッソ大阪)

「ナビスコ優勝、悲願の初タイトル」         (浦和レッズ)

 

 

 

本当に泣けるシーン満載の2003年でしたが、

私はアマラオ、ホームラストゲームのあの映像シーンを挙げます。

あんなに泣いたの初めてかも。

 

 

 

(詳しいコラムはアマラオのコラムより)

 

 

 

 

 

最もガッカリした賞  ゼリッチのメダル盗られる

 

 

 

ナビスコ優勝して、選手全員にメダルが配布されたのですが、

なんとゼリッチとエメルソンのメダルがいつのまにか

盗られていたという痛ましい事件が。

 

 

その後、エメルソンの方は帰ってきたけど

結局ゼリッチのメダルは盗られたまま・・・・・・

 

 

そしてゼリッチは2003シーズン戦力外通告で離日。

可哀想。

 

 

 

 

ベストゴール賞   岩本のフリーキック

 

 

2nd 10節ベガルタvsジェフ。

この試合岩本のとんでもないロングフリーキックが突き刺さる。

オシム監督もたまげただろうなぁ。

 

 

 

化け物だな あの左足は。

 

 

(詳しいコラムは武闘派、岩本輝のコラムからどうぞ)

 

 

 

 

 

 

最も感動したゴール賞 ヴァスティッチサヨナラ弾

 

 

 

私、ヴァスティッチ大好きだったんですが、

こういった感動的なラストゲームでホント嬉しかった。

 

 

藤本とウェズレイのトリックプレーリスタートから、

石井をかわして鬼気せまる逆転サヨナラ弾。

 

 

 

あんなの生で見れた人は卒倒するんじゃないか。

 

 

ベストゴール賞でもよかったけど、

やはりこれは感動賞だと思いました。

 

 

 

 

ベストゲーム賞  ジュビロ△2−2△ジェフ

 

 

文句無し。

 

 

 

ああ、Jリーグってこんな凄いんだ。

 

 

と、見終わった後呆然とするくらい最高のゲーム。

フィールドの22人、全員が素晴らしかった。

こんな素晴らしいゲームをやってくれた、

ジュビロの選手とジェフの選手には感謝します。

 

 

 

 

なんでこんないいゲーム

録画しなかったんだろう。

 

 

 

最低ゲーム賞   マリノス○1−0●ジェフ

 

 

首位決戦だったのになんて寒い内容・・・・・・。

 

 

 

他にも

トリニータ△0−0△グランパスとか、

トリニータ△0−0△エスパルスとか、

トリニータ●0−2○ヴェルディとか、

トリニータ●0−4○ジュビロとか、

レイソル△0−0△トリニータとか、

エスパルス△0−0△トリニータとか色々ありましたが、

 

(なんかやたら トリニータ の試合が多いな)

 

 

やはり首位攻防戦といった注目度も高かったのに

萎えまくる内容だったので最低ゲーム賞に。

 

 

 

 

最高チーム賞   該当なし

 

 

2002年のジュビロに匹敵しろとまでは言わないけれど、

どのチームも・・・・・うーん・・・・・

 

それがかえって混戦巻き起こして面白かったけど。

 

 

 

 

最低チーム賞   大分トリニータ

 

 

戦力もJ2レベルなら。内容もJ2レベル。

こんなチームが残留なんだから

 

 

降格したベガルタとサンガは反省してください。

 

 

 

ブレイクチーム賞   ジェフ市原

 

 

内容も、成績も全く文句のない素晴らしい快進撃だった。

オシム監督一人が注目されてるけど、

チェ・ヨンス、羽生、坂本、阿部、茶野・・・・

個人個人が年間通して実に見事なパフォーマンスだった。

 

01年のブレイクを見たことないのでそれと比べることはできないが、

とにかく03年ブレイクし、快進撃見せたチームはジェフ。

これは文句ない結果だと思う。

 

 

 

これでもし、蘇我スタジアムが完成していたなら、

毎試合毎試合、満員になっていたのではないかと思われる。

 

実際、2万人近く集めたゲームは

国立開催のレッズ戦とアントラーズ戦だけだもんなぁ・・・。

 

 

 

 

最優秀コピー賞  “連覇か、雪辱か”

 

 

ナビスコカップ決勝のコピー。

いやぁホントかっこいい。

 

 

誰?このコピー考えた人。

素晴らしいセンスですね。

 

 

 

 

最低コピー賞   “絶対に負けられない戦い”

 

 

テレビ朝日ででてくるテロップ。

 

 

 

「さぁ、ニッポン!絶対に負けられない戦い!」

「絶対に負けられない戦いが、そこには ある。」

 

 

 

 

うるせーよ馬鹿。

毎回毎回言いやがって。

 

 

誰?このコピー考えた人。

素晴らしいセンスですね。

 

別の意味で。

 

 

 

 

ブレイク選手賞   玉田

 

正直2002シーズンほとんど玉田の事知らなかった。

 

 

唯一記憶に残ってるのは、

セカンドステージのジュビロ○3−2●レイソルで

エジウソンとともにゴール決めたシーンかなぁ。

 

(西のとんでもないVゴールが炸裂したゲームです)

 

 

だもんで、2003シーズンのレイソルのFWは

宇野沢とマルシオを軸にスタメン組まれるのかなぁ

なんて思ってたら

 

 

爽やかに、そして鮮やかにブレイクしたのが玉田。

 

 

 

1st のマリノス戦のゴールとか良かったなぁ。

天皇杯のアントラーズ戦のボレーも良かったなぁ。

 

間違いなくこの先代表に選ばれるに違いない。

 

 

 

 

衰退賞   アマラオ

 

 

私は自己紹介でも書いた通り、FC東京が好きです。

そして文句無しにアマラオも好きです。

 

 

しかし、やはり今シーズン最もこの賞に値するのはアマラオだったと思う。

(書いててつらいな・・・)

 

 

確かにアマラオが不在時は前線でボールが収まらなかったりして、存在の大きさを感じた。

しかし、彼の衰えが優勝まであと一歩届かなかった原因の一つである事実に

目を背ける事はできない。

 

 

決定的なシーンの1つはセカンドの

FC東京○4−1●ヴィッセル

 

もう、ヴィッセルの守備は完全に崩壊し、

やりたい放題の東京。

 

後半、猛威をふるいまくったケリーがドフリーのアマラオへ

超決定的なパス。いや、もはやアシスト。

そこでもらった決定機、アマラオの放ったシュートは大きくゴールから外れた。

 

 

もはや限界なのか・・・・・・

 

 

アマラオのこれまで残してきた功績は素晴らしいし、人間的にも最高のプレイヤーだ。

だが、そういった事実を考えずにシビアに試合でのプレーを見れば

やはり2003シーズンのアマラオは限界に達していたと思う。

 

 

 

 

いぶし銀賞  岡中

 

 

いぶし銀賞・・・・・代表でもスターであるような選手ではない、

           地味な選手で一般的知名度は低い、

           ベテラン、もしくは中堅プレイヤー。

           しかし抜群の存在感を放った

           もしくは輝きを放ったプレーを見せたプレイヤーが該当する。

 

 

といったら岡中でしょう。

大分トリニータのキーパーですよ。

 

トリニータにおいて代えがきかない選手。

チーム年間MVPも当然。

サポーターにとっては神とあがめられているが、

当然ながら他チームのサポや一般人にとっては知名度低し。

まさにうってつけの受賞者。

 

 

 

(岡中のコラムはこちら

 

 

 

 

 

 

超凄かったFW賞  ウェズレイ

 

 

レッズファンのかたごめんなさい。

私的にエメルソンではなく、

ウェズレイを挙げます。

 

1stはおとなしかったけど2ndの爆発。

もう、

 

 

 

ピチブー、ヤバイよー

 

 

って泣きたくなる凄さ。

 

あのムキムキな体からの突破力、

そして化け物じみた決定力もさることながら、

 

フリーキックがウマイ!

 

天はニ物を与えずというが、ウェズレイは例外らしい。

得点王おめでとう。

 

 

 

 

超凄かったMF賞  該当なし

 

 

 

移籍してなかったら間違いなく藤田俊哉!

 

 

それだけにユトレヒト移籍が残念でもあり応援したい気持ちだった。

他に小笠原、ケリー、羽生、福西、名波、奥と候補はいたけど、

 

う〜ん・・・・・”超”凄かったとまではいかなかったので

 

今回は該当なしで。

 

 

 

超凄かったDF賞  中澤、ジャーン

 

 

正直この二人、どっちかを削って一人にするのは無理!

中澤は松田の不安定さとまったく逆に、凄まじい安定感。

絶対にこんな奴ぬけない。

 

 

ジャーン。鬼のような顔でクリアクリア。

レアル戦にジャーンがいればなぁ・・・・・・。

 

 

 

 

 

超凄かったGK賞  楢崎

 

 

年棒一億円でモチベーションあがったのかわからんが

とんでもない活躍。

 

 

 

間違いなく日本最高のGK。

 

 

川口ファンの方、

悪いですけど楢崎は比べようにならないほど凄いです。

 

 

ウェズレイとマルケスが、

 

 

「楢崎は他のキーパーとまったく違う。

 なんていうか・・・・・オーラが違うんだ。」

 

 

「楢崎は最高のキーパーだよ。安心して見てられる。」

 

 

 

と大絶賛するのも無理はない。

 

 

 

 

最優秀外国人賞  シジクレイ

 

 

毎年のように低迷するヴィッセル神戸にあって

守備の絶対に欠かせない要となって君臨し、

とんでもなく貴重なゴールを数多く決めた

 

 

神様 仏様 シジクレイ。

 

 

DFなのにここまで点とってくれるんだから

チームメイトはシジクレイに足向けて寝れません。

 

ウェズレイやジャーンではなく、

どれだけクラブに貢献したか、例えば

残留に貢献したとか、優勝に貢献したとかでこの賞は選びました。

 

 

 

 

最低外国人賞  コ・ジョンス

 

 

エジムンド、クラウデシールと

数多くの候補をおさえての堂々の受賞。

 

 

 

 

なんなんだよこの豚は。

 

 

エンゲルス監督も酷評してたが、

こんな選手を褒めろというほうがムリだ。

 

 

韓国に帰ってからもなんか暴れただか事件を起こしたそうだが、

 

 

よくこんなのがパクチソンのかわりになると

京都のフロントは判断したな。

 

 

節穴どころの騒ぎじゃないぞ。

 

 

 

 

最高移籍選手賞  久保

 

 

マリノスの移籍は大正解でした。

何故、ジュビロとマリノスが壮絶な獲得レースを展開したのか、

何故、世間でここまで騒がれたストライカーだったのか、

よくわかりました。

 

 

ゴール数の増加だけでなく、

優勝に大きく前進するような重みのあるゴールが多かった。

 

 

 

 

最低移籍選手賞   エジムンド

 

 

02シーズン、ヴェルディで見事な活躍を見せつけたエジムンド。

アニマルと呼ばれた激しい性格も顔をださず、

チームの気高いリーダーをして君臨した。

 

だが、高額な年棒がネックとなってヴェルディを惜しまれつつ退団することに。

そこに資金力豊富なレッズがコンタクトをとった。

 

 

そして、派手な移籍劇が誕生。

とりわけエメルソンとのコンビに大注目だった。

 

しかし・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

ナビスコにちょこっとでただけで退団決定。

リーグ戦出場無し。

 

 

 

・・・・・・・アニマル。

 

 

 

大失態プレー賞   大久保

 

 

土肥のセカンドステージ・グランパス戦での

 

土肥、ゴール前で空振り→

 

マルケスにかっさらわれてゴールイン→

 

グランパス●0−2○FC東京 から

奇跡の大逆転への布石→

 

結局大逆転 

グランパス○3−2●FC東京 で終了

 

 

というあのシーン以上の大失態プレー、

土肥のプレーもかなり最後まで選考デッドラインに残ったのですが、

やはりこの賞に値するのは大久保の暴言。

 

 

 

審判に対し、

 

「金もらってんだろ!」

 

「ボケ!」

 

「かかってこんかい!」

 

 

 

 

てめーが大ボケじゃー!

都築呼び出して

シバかれたいのかこの野郎!

 

 

(大久保の暴言に関してのコラムはこちら

 

戻る