戦術君

 

ベガルタ仙台が誇る、

Jリーグサポーター界で超有名な人物。

それが戦術君。

 

最初、「戦術君」という単語を聞いても、

「誰それ?」と、全く知らなかった。

しかし、サカマガのあるコーナーで

「仙台サポの戦術君」という文字を目にしたり、

ネット上で「戦術君が・・・」と、見るにつれ興味を持ち、調べてみた。

 

 

彼は手にスケッチブックを持ち、

ベガルタ仙台の試合には必ず応援にくる。

サテライトや練習の紅白戦にまでくる。

そしてブランメル仙台時代から応援していた筋金入りのサポーターだった。

 

 

 

2+2=4

2×2=4

 

と書かれたスケッチブックを高々と上げて応援。

おまけに応援は凄くやかましく、奇声に近く、目立つ。

 

 

戦術君のハナシはいろんなところで話題になり、色々耳にした。

 

 

 

そんな戦術君。

最近、噂話きかないな・・・どうしたのかな・・・・。

 

 

 

 

彼が今どうしているのかを知ったのは、

あるサイトのフラッシュムービーである。

 

有名なベガルタ系フラッシュサイトの

ジョン・ランスキーさんのフラッシュだった。

(注・もう何年も前にサイトは閉鎖)

 

そして、そのフラッシュムービーを見て

ビックリした。

泣いた。

そして感動した。

 

 

 

まだ見てない人もいるかもしれないので、

見てない人はこちらからどうぞ↓

http://www.g-7.ne.jp/~mpeda/sen/senz.swf

http://ware.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/flash/f/1098937965.cgi

 

 

 

 

 

〜これからは見た人むけの話〜

 

 

 

 

 

感動しませんでした?

僕は初めて見たとき、泣いた。

 

 

40キロも離れているところから応援にきていたっていうのに驚いた。

そして、亡くなったことがスポーツ新聞に載っていたことも

フラッシュを見て初めて知った。

 

 

 

 

2+2=4

2×2=4

 

 

このボードに書かれた数式は

 

 

「やり方は違っても答えは一緒」

 

 

という深い意味があったということに感動した。

そして、フラッシュの完成度の高さにもまた感動した。

 

 

 

戦術君はベガルタが黄金期のときに逝き、

今はJ2で戦っていることを知らない。

 

(UP日04年9月16日 リニューアル日06年10月23日)

 

戻る