どこかコケる

 

 

一見して、なんのことかわからない題名なのだが、

 

「全てのチームが期待通りの成績あげるわけはなく、

 どこかしら数チームはズッコケて低迷する」

 

ということです。

 

 

 

そんなこと当たり前だし、

予想通りしっかり結果残せたらクラブ運営なんか苦労しないし、

どこかコケなきゃ張り合いがない。

 

 

いくつかのコケる原因例を挙げると

 

 

 

・新たに海外から連れてきた外国人選手の失敗。

いやーこれはもう星の数ほどあります・・・・・。

しかし、その外国人が失敗したから

もうダメというクラブ状態の場合もどうなんだって話しですが。

 

 

・マンネリ化。

だいたい3、4シーズン目くらいでこれがくるんじゃないかな・・・・。

長期政権が悪いというわけではないが、

練習方法をいくらマイナーチェンジしたり、

新たなメニュー取り入れたりしたところで

やっぱりマンネリ化による低迷というのはあるだろう。

これはサッカーダイジェストで連載してる小宮さんが

以前詳しく述べていました。

 

 

トニーニョセレーゾ・・・・・今年で6年目か・・・・・・。

 

 

 

・主力の思わぬケガ。

これもデカい。

特に03年前半、ベガルタのマルコスとサンガの黒部に関しては

クラブにとって、とてつもないダメージだったような気がする。

 

 

・ショッキングな負け方。ショッキングなドローゲーム。

これはまず03年1stのガンバ△1−1△ジュビロですね。

後ほど詳しく述べますが。

 

あと、03年1stのエスパルス●4−5○セレッソも

かなりエスパルスにとってダメージが大きかった。

04年2ndのレッズ○3−2●ジュビロ。

これ、この後完全にジュビロは泥沼にはまったよな・・・・・・。

 

やはり、衝撃的なやられ方によってダメージを引きずり、

そのままコケ続けるというのは結構ある。

 

 

 

あとフロントの暴走、補強のしょぼさ、イルハン、南のオウンゴール、若手の伸び悩みなど

いくつか低迷例はあるが、これはあくまで低迷理由で

コケる理由とは少し意味合いが違うような気がする。

 

(なんか例に変なのが混じってるような・・・・)

 

 

 

 

過去を振り返ると・・・・・

 

 

02年シーズンはレイソルがコケた。

 

長谷川健太氏はレイソルを優勝候補に挙げたほどだったのだが、

結局最後の最後まで残留争いに漬かり、

なんとか最終節で残留を決めるというズッコケぶり。

 

攻撃選手を多数補強し、攻撃的にいくと宣言するも

残留争いに突入したヴィッセルもコケたと言えばコケたが、

やはりこの年はレイソルではないか。

 

 

 

 

03年シーズンはベガルタとガンバだろう。

 

ベガルタはJ1初年度の02年シーズン、

残留争いに巻き込まれることなくシーズンを終了し、

03年開幕前のオフにしっかり補強してて、

今年は中位を狙うのでは・・・・・ぐらいの下馬評だったのに、

途中から思いっきり低迷してJ2に降格。

 

 

ガンバは優勝候補に挙げられるほどで

補強もパラグアイ代表のチキアルセが加入などなかなかのもの。

しかし、1st2節のジュビロ戦、

グラウにロスタイム同点弾浴びたのがきっかけで

思いっきりズッこけ、優勝争いに一度も絡まないばかりか

一時は残留争いゾーンにまで低迷するほどだった。

 

サンガもある意味驚きの低迷だが、

パクチソンの穴が指摘されまくっていたことを思えば、

この2チームの方がコケたと思う。

 

 

 

04年となると、やはりレイソル。

 

03年は02年の教訓を生かしたのかどうかはわからんにしても、

アウレリオ監督のもと若手が徐々に活躍し始め、

成績も安定し、いい感じでシーズンを終えた。

そこに、ドゥドゥ、ゼ・ホベルト、山下などの派手とはいわないまでも

中々の補強を行い、ダークホース一番手と見られていたが

(詳しくはこのコラム参照)

派手にコケてJ1最下位、入れ替え戦突入をいう憂き目を見た。

 

 

ジュビロも2ndは世紀末的にコケたが、

1stの序盤ぶっちぎり快進撃を考慮するとちょっと適さないと思う。

 

 

 

 

 

さて、今年はどこがコケるのか。

 

 

まず、私の個人的見解でしかないのだが、

優勝争いに絡むチームを挙げると、

 

ジュビロ、レッズ、マリノス。

 

この3チームにやや劣るがガンバ。

 

ダークホースでヴェルディ。

 

超大穴でFC東京・・・・・・・・

・・・・・・いや、冷静に考えれば今年はまだまだ早いよな。

 

 

つまり優勝争いに絡むと予想されていたが、

一度も絡まないで中位に留まってしまう、

一時は残留争いゾーンまで入ってしまうというコケパターン。

 

 

もう一つが、

今年は残留争いは大丈夫どころか

中位躍進、もしくは一時的にせよ優勝争いにでも絡むんじゃ?

と、期待させておいて残留争いにドップリ漬かり、

J2降格 or ギリギリ残留というコケパターン。

 

 

 

これに該当すると思われるのが

 

アルビレックス、トリニータ、サンフレッチェ

 

などの私が個人的に予測した

「優勝はムリだろうが旋風を巻き起こすのでは」

という期待するチーム。

新潟のコラム大分のコラム広島のコラム

 

そして、ジェフ、ヴィッセルの5チームだろうか。

 

 

 

ジェフは今年もなんだかんだいってリーグ戦

6位以内にはしっかり入ってくるだろと思わせながら、

オフに引き抜かれた影響をモロに受け

まさかの大低迷というのも考えられる。

 

ヴィッセルも今年はしっかり補強したし、

過去になくいいメンバー揃ってるし、

残留争いはないだろうなと思わせといて、

思いっきり低迷することも考えられる。

 

 

というわけで、

優勝争いと思わせといてコケるのと、

中位躍進で、残留争い今年はないと思わせといてコケる2パターン。

 

これが今年も最低2チームはでると思うんですよね・・・・・。

 

 

 

まさかと思いたいが、

西野、山本というあんまし個人的に

評価できない監督が率いるガンバとジュビロが

ひょっとすると・・・・

ひょっとすると・・・・・・

優勝争いせずにコケちゃうんじゃ・・・・・

などと思ったりする。

 

 

あ、あと忘れてたよ。

 

 

「天皇杯で優勝、もしくは準優勝したチームは

 必ず低迷する。」

 

 

天皇杯大波乱の疑問」というコラムで理由を詳しく書きましたが、

順当にこのジンクスが炸裂すると、

ヴェルディ と ジュビロ が低迷することになるな・・・・・。

 

 

 

 

FC東京がひょっとすると残留争い突入?

 

 

いや、それは・・・・・・ないだろ・・・・・・ないと思いたい。

 

戻る