本文へジャンプ
   
 



癒しからメディカル、カウンセリングそして犬のアロマまで学べます







アクセスカウンター



<生・老・病・死と向き合うケア>
ターミナルケア・スピリチュアルケア・グリーフケア講座
ホスピス・緩和ケア・在宅ホスピス・老衰・看取り・死別のケア

ターミナルケアとは、死と向き合い、ずーとと生きていたい、死にたくないと言う苦痛のケアの事です
スピリチュアルケアとは、自分がこの世で築いてきた人生や家庭の消滅と未練から来る苦痛の事です
グリーフケアとは、人生を共有してきた大切な人達との別れの苦痛のケアの事です


近代ホスピス発祥の「セント・クリストファー・ホスピス」や元修道院「トリニティー・ホスピス」や
大学病院でユニバーシティ・カレッジ・ホスピタル」研修 
日本で「ターミナルケアスピリチュアルケア・グリーフケア」を提供


近代ホスピス発生のイギリス
「セント・クリフトファーズ・ホスピス」で
ホスピス緩和ケア研修

イギリスの大学病院
ユニバーシティ カレッジ ホスピタル」で
ターミナルケア(終末期医療)研修

日本では「生き様」は語り合いますが「死に様」はタブーで自分や家族に大きく負担がのしかかります

ターミナルケア(終末医療)
病気は告知のショックと不安が、死は喪失と恐怖が、別離は悲嘆と孤独に襲われます

グリーフケア(悲嘆・死別の悲しみ)
配偶者、子ども、兄弟姉妹など生きる時間を共有してきた大切な人を失うと
深い悲しみに包まれ身体的・精神的不調に襲われる苦痛のケアです

スピリチュアルケア(魂のケア)
死によって自分がこの世に存在した人生の意味の消滅からくる苦痛のケアで
人間が死んで肉体が滅びても「
」は永遠不滅で生まれ変わり死に変わる魂のケアです

スクール案内送付について
ご希望の方は、お名前・ご住所・電話番号・ご希望講座をお伝え下さい。
 (マンション名、号室までお知らせ願います。返送され届きません。)
1週間経過しても届かない場合、お手数ですがもう一度連絡お願い致します。
お電話の場合、カウンセリングや授業中は出られないこともあります。
スクール場所
JR嵯峨野線・花園駅徒歩5分

阪急上桂駅徒歩15分

事務局

615-0901 京都市右京区梅津南広町47-1-901
075(872)0008
京都カウンセリング協会・京都アロマテラピースクール
 



  ターミナルケア・スピリチュアルケア・グリーフケアの講座は
京都アロマテラピースクールで学べます


メール資料請求のお問い合わせはこちらへ


  ターミナルケア・スピリチュアルケア・グリーフケア   京都市右京区梅津南広町47-1-901 
 075-872-0008