渓流釣り道具

岩魚のめ

part1に続き、持っていると便利だと思う道具を紹介します 写真はクリックで拡大します
道具箱トップに戻る   岩魚のめに戻る 

小物ケース
ケース

釣りの小道具を入れザックにしまっています。使用頻度の少ない目印や道糸などは常時このケースの中ですが、釣り始めたときには頻繁に使うハサミ、ラジオペンチ、オモリ、ハリなどはジャケットのポケットに入れています。
釣具屋の商品でなくても100均でいくらでも代用できるはずです。
餌(イクラ)入れ餌入れ・・・のつもり この位の大きさのケース(ぶどう虫の餌容器)にイクラを詰めベストのポケットに入れています。首から下げる餌ケースは移動や藪こぎに邪魔で止めました。川虫の場合は餌箱に湿らせた苔を敷くなどの工夫が必要。
メジャーメジャー もちろん魚の体長を測るための物です。メジャーを使ってまで体長を測る必要があるのかは考え方によると思います。厳密に言えば漁協で定めているキープサイズは平均的に15〜18cm以上となっています。
私は個人的に20cm以上と決めています。でも体長はあっても痩せて棒みたいな岩魚を見ると、体重で決めた方がいいかナ〜なんて思うことも。(^^ゞ

←100均で2つ100円
のもの
簡易水槽(?)ビニールの手さげ袋 私にとっては水槽として必須アイテムです。
透明なので水を入れると水槽みたいに横から観察できますし、魚にできるだけダメージを与えずに撮影するときにとても便利です。
100均で同じような商品があります。ただ最近は派手な色や柄のある商品しか見なくなりました。
生かし魚篭(?)本当は虫カゴ 魚籠ビクは移動に邪魔になるだけだし、ほぼリリースなので使いません。
←これは
100均で虫カゴとして売っていました。とても柔らかなネットなので魚の生かし魚篭にピッタリです。必要な時にリュックから出して使用しています。
弱った魚でもこの中に入れて、暫く流れの弱い場所に沈めておくと元気になりますよ!

洗濯用ネットは絶対にダメ!
材質が硬いので魚の体をこすって逆に弱らせてしまいます。ガーゼのように柔らかいネットでなけらばダメです!
笛(ホイッスル)
フエ
渓流では瀬音にかき消されて人の声はほとんど通りません。大声で相方を呼んでも聞えないので、石を投げたこともあります。(*^。^*)
また渓流は離れていなくてもカーブがあり姿が見えなくなります。そんな状況でも笛の音は良く聞えて大変便利です。単独釣行のアクシデントの場合にも役に立つはずです。
タ   モリリースネット これはフライ用のリリースネット(45cm)。丸い渓流タモよりコンパクトです。
沢でのチョウチン釣りでは魚のキャッチに使うことはありません。しかし本流など川の中に立って釣る場合はとても便利。
ピンオンリールで背中に下げていたこともありますが、薮こぎには邪魔だし危険です。
虫 除 け防虫 上流部には蚊はあまりいませんが、アブや蜂やうっとおしいブヨ避けに使います。スプレータイプは首など顔の近くにスプレーするときに目に入り危険なので、このウエットタオルみたいな商品がおススメですよ。
安全ピン+ミニタオルミニタオル 餌や魚で汚れた手を拭く時や様々なシーンでタオルは必要です
男性のようにタオルを腰に下げたり首に下げたりしても良いのですが、薮こぎでは枝に引っかかり邪魔で危険ですし、かといってポケットに入れていたのでは不便で使えません。
私は20cm四方ほどのミニタオルを安全ピンでベストに着けています。

必須アイテム 便利な道具part1 便利な道具part2 便利な道具part3 便利な道具part4 その他のグッズ

渓流釣り総合サイト 渓流釣りの釣行記 渓流釣りの写真集 簡単な仕掛け作り
渓流釣り関連の本の紹介 渓流と岩魚山女魚のビデオ 渓流釣りに関するQ&A みんなの渓流釣りTPO