岩倉の山車

中本町の山車

岩倉市には、江戸時代前期の寛永年間
に創建されたと伝えられる3台の山車が
あります。
大上市場、中本町、下本町の3町で、
『新溝神社』 『神明太一社』 『神明生田
神社』の祭礼にあたり別々に曳き出され
ていましたが、本来は3台とも神明太一
社の祇園祭の山車でした。

昭和30年代の中ごろには、山車の姿も
見ることが出来なくなりましたが、その後
平成3年の岩倉市制20周年を契機とし
て復活し、平成4年には岩倉街道で3台
の山車の揃い曳きが実現しました。
現在では、春の『桜まつり』と夏の『山車
夏まつり』に3台の山車の揃い曳きが行
なわれています。



下本町の山車
中本町の山車
大上市場の山車
桜まつり
山車夏まつり
自己紹介
写真館(岩倉)
写真館(伊勢 神社港)
写真館(祭り見学)



伊勢音頭 : 三町のおはやし、伊勢音頭を紹介しているホームページにリンクしています。