【テキスト入力欄】
文消去

再生




このページはIE非対応です。


Google Chromeか Fire Fox、Safariをお使いください。

辞書や音声データの読込に少々お時間を要します。


【対象ブラウザ】『Google Chrome, Mozilla FireFox or Apple Safari』

【μ-iVoice】JavaScriptだけで実現する音声合成エンジン【メニューへ戻る】

【Base64エンコード結果表示欄】

【μ-iVoiceローカル音声データ組込】
ローカルにあるオーディオ/画像/動画ファイルを選択、あるいはここにドラッグドロップしてみてください。

【μ-iVoiceの使い方】

変形DDS(Direct Digital Synthesizer)アルゴリズムによる音声合成APIの試作版Version0.09Bです。
ブラウザ側で音声合成やシンセサイザの処理を行っています。PCの仕様によって少々時間を要します。
●テキストを入力して、再生ボタンをクリックするだけです。
●基本的に発声できるのは、まだひらがなだけです。"ー"にはまだ対応できていません。
 デモでは簡単な漢字を読ませてますが、まだまだデータベースの構築に時間を要します。
●適宜、改行してください。
●発声間隔を開ける場合には、スペース、"。"、"、"等の句読点を使います。
●音階、発音時間、強さを変更する為に以下の半角の制御文字が使えます。
 ■N : 音階、発音時間、強さを基準値(S4V7)に戻します。
 ■Un: 音階をn段高くします。nは1~9です。
 ■Dn: 音階をn段低くします。nは1~9です。
   例1:U3  3音高くします。
   例2:U9U3 12音(=9+3)高くします。
 ■Wn: 発音時間幅を変更します。nは1~9です。
 ■Sn: 発音時間幅を変更します。nは1~9です。
 ■Vn: ボリュームを変更します。nは1~9です。
●ローカル音声データ付与に対応済みですが、支援ツールがまだ未完成です。
 ローカルにある画像ファイルをドラッグドロップしてみてください。
 メッセージが流れます。



【その他の情報】

【μ-iVoice】JavaScriptだけで実現する音声合成エンジン【メニューへ戻る】
Google翻訳の音声合成エンジンText-To-Speechについて
MikuMikuDanceのモデルデータ(PMDフォーマット)の構造について
MikuMikuDanceのモデルデータをWebGLで表示する方法のサンプル
製作メモページ
筆者紹介ページ
私設研究所 Neo-Tech-Labのトップページ