不断の積み重ねが現場の集中力に

すべからく何事もいざというときの集中力が勝負を決するものです。受験も然り。体のコンディションをベストに保ち、平常心で試験に臨むための「ツボ」を知っておくことは、100個多くの英単語を覚えることより、いざという時に役にたちます。勉強で疲れたとき、試験前に眠れないとき、簡単に首の筋のストレッチや、耳や頭皮、目の周りをマッサージするだけでも、脳への血流量が増え勉強の能率が上がります。ただし、同時に「深呼吸をしながら行う」ことを忘れずに。ツボを押しながら深呼吸をすることは試験直前の心理コントロールにもよい効果があります。

大切なポイントは、「良いことは不断から習慣化しておかないと、いざという時に思い出せない」ということです。

若い人には健康体操なんて興味が持てないかもしれません。しかし、健康管理は万人の生活の基礎であり、健康なくしては何事の成就も不可能です。若い健康体であっても無知のゆえに非効率な勉強をしている場合があります。伊藤講師は英語を教えながら密かに健康管理と集中力の重要性についても指導しているつもりです。いずれ老いていく自分の体を自分で守るツボを心得ておくことは、本人のみならず日本の将来にとっても大きな財産であります。人は心と体と頭脳のバランスがとれている時、幸せで良い仕事ができるのです。

Power EnglishのPowerには健康体から生まれるエネルギーという意味も含まれています。Power Englishの名前は、伊藤が永年の腰痛から椎間板ヘルニアになり、歩行も難しい時期を経験し、様々な治療法と試行錯誤の後、この体操に至り以前より元気になったため、これは一生続ける体操だと励んでいるうち、いつのまにかその体操の先生になってしまったという、経緯から生まれたネーミングです。この体操は「日本式気功養生術・生命(いのち)の貯蓄体操」という実に含蓄のある名前の体操です。体のツボとツボを繋ぐ「経絡」という線に意識をおいて、丹田呼吸という腹式呼吸をしながら体を動かし、その線を流れる気の流れを良くして、病気の予防や改善をするという理論ですが、簡単に言えば、生活のフレッシュアップができて、さわやかな気分になるということです。

この体操については http://mibyo.or.jp/ で詳しく知ることができます。また見学、体験は下記で自由にできます

土曜日午前10:00〜 清水町Power English教室1階
月曜日午後13:30〜 清水町Power English教室1階


「生命(いのち)の貯蓄体操」は、昭和51年に、厚生省国民健康保険課、社会保険大学、国民健康保険中央会により、全国の保健士研修にも取り入れられ、その後、国保中央会の保険事業の一環として20数年間、現在も続けられている体操です。

戦後、日本人の平均余命と体格は年々増えつづけてきましたが、反面、半健康、半病人や成人病(生活習慣病)は、増加の一途をたどり、国民総老化現象を呈しています。生命の貯蓄体操は、東洋の養生術体操(気の導引)により、筋肉増強よりも内臓トレーニングによる健康づくりを目指すものです。


詳しくは本部HP:究極の健康管理:生命(いのち)の貯蓄体操をごらんください。
http://mibyo.or.jp/