丸山湿原
名称 丸山湿原 周辺
住所 兵庫県 宝塚市 境野地区
アクセス 切畑の山へ飛べ
伊丹からは 阪急宝塚線山本駅をくぐり、中山五月台から長尾山トンネルを抜けて
有馬富士公園方面へ向けて走り、途中で安場池(釣り堀)へ抜けるショートカットには入らず、そのまま道なりに進み、萬福寺(前田橋バス亭)のT字を右折、5分ほど走って右に自然石の記念碑があるところで左折(この道は結構広いので、すぐ分かると思います)、500mほど行った分岐を左折、突き当たりまで進む。
約40分。

駐車場所 路駐殿下
駐車場はありません。
くれぐれも注意してください。
突き当たりはチェーンが張られ、行き止まりになっています。

道最奥突き当たりはチェーン 背景は丸山

突き当たり200mくらい手前左側に「境野大池」(?)というため池が現れます。そこから、突き当たりまでの路肩に停めるしかないでしょう。最奥右側には建設資材置き場なども見えますので、邪魔にならないようにして下さい。

アプローチ 遊歩道は誰のために
チェーンをまたぐと兵庫県が設置したカンバンと丸山湿原への道標があります。
地道を少し行くと右に折れ、丸山湿原周回の遊歩道へのコースになります。
この道のすぐ右斜面に明るい雑木林、そして大岩が岳への登山道(東コース)両側にも気持ちのよい雑木林が続いています。


遊歩道完備のため、子供や女性でもアプローチ出来ますが、斜面はややきつめのため、「その木」まで到達するのは、少し体力がいります。
ポイント 雑木林に光る目
・境野大池周辺
・入ってすぐの右手斜面の雑木林
・大岩が岳への登山道周辺の雑木林
この辺がポイントでしょう。
丸山湿原に近づくと、マツが多くなります。(丸山湿原から川下川ダム方面は未踏)

マップ

南側斜面ですが、谷地です。
一見しただけでは、顕著な樹液跡は見られませんでした。
こういう場所では、少ない樹液を求めて、昆虫が集中します。

樹相
雑木林探索隊西へ

典型的な北摂の雑木林です。
アカマツにコナラ、アベマキがあります。公園として整備しつつあり
、斜面の下草や低木は伐採してある部分もあります。



調査深度 伊丹から来た男
ハイキングの途中で偶然見つけました。(07年3月)
調査していません。夏場になったらまた来てみようと思います。

実績 湿原昆虫防衛指令
実績ゼロ。
しかし期待できます。池の手前に10tトラック2台分くらいの堆肥の山も見かけました。

また、湿原には湿原に出しか生息できないヒメタイコウチやハッチョウトンボも見られるとあり、これらの昆虫は採集しないよう願います。(湿原柵内には立ち入らないようにしてください)

その他
この情報の最終更新日 2008.09.12