<カマキリの卵>
カマキリとその卵嚢(らんのう:卵を守る包)の特集です。

チョウセンカマキリ卵嚢
コカマキリに似た形状だが、やや大きく、枝に産むことが
多い。
チョウセンカマキリ
オオカマキリに似ているが、前脚付根の橙色斑紋がある。

チョウセンカマキリ
後翅は透明。
ハラビロカマキリ
緑色が基本。前翅に白い点があることが特徴。
ハラビロカマキリ卵嚢
オオカマキリより小さく、チョウセンカマキリより太い。
ハラビロカマキリ茶型
稀に茶型が発生する。
クマゼミを捕らえたハラビロカマキリ(石垣島)
毒も持たないのに力強いセミを捕まえるのが凄い。
もう1頭のクマゼミも気にしているのが面白い。
ハラビロカマキリとアブラゼミの大きさ比較


コカマキリ卵嚢
枝ではなく壁や樹皮で見かける。断面は凸型。
横のナミテントウと比較すれば大きさが判る。
コカマキリ
茶色が基本。
大きくてもこの程度。
コカマキリの前脚
この白黒模様が特徴。
コカマキリ緑型
コカマキリにも稀に緑型が発生する。
ヒメカマキリ
体長30mm前後。画像は千葉産。
ヒメカマキリの擬死
卵嚢は未見。お稲荷さん状の形状で樹皮裏などに産む。
ヒナカマキリ卵嚢
5mm程度の卵嚢。画像は神奈川産。
ヒナカマキリ
体長20mm程度。成虫は無翅。画像は八重山産。
オオカマキリ卵嚢
大き目のマシュマロの様な形状。
オオカマキリ(威嚇姿勢)
チョウセンカマキリに似るが、後翅が紫色っぽい。
オオカマキリ孵化
5月頃、束になって孵化する。一人前に鎌を持っている。
オオカマキリ産卵
産んだ直後は白いが、徐々に色が着く。
オオカマキリ胸部
チョウセンカマキリとは違い、前脚付根の橙色斑紋は薄い。
オオカマキリ脱皮カラ
細い脚まで綺麗に抜けている。
オオカマキリ交尾 オオカマキリ捕食中

←特集目次
←表紙