きつかいけん


      吃音改善自助グループ いしかわ吃改研        

ホームページへようこそ
     Mailボタン

                                

初めての方へ!
◎言葉がつまったり、伝えたいことが言えなかったりして、誰にもうちあけられずふさぎ込ん
 でいませんか?いしかわ吃改研は吃音者のセルフヘルプ(自助)グループです。

◎吃音は幼児期に約5%発症し、約4%が自然治癒する。さらに人種を問わず人口の約1%が
 吃音者といわれます。原因はなりやすい体質(遺伝を含む)が約70%、環境が約30%。
 両方の条件がそろったときに吃音が発症する。確立した治療法はないといわれます。

◎吃音は発語の問題だけでなく、予期不安や場面を避ける傾向が強く、例会では仲間と語り
 合うことが大切と考えています(ページ『吃音とは』を参照)。

◎吃音は、相手がいるので発症しやすく、ひとり言、歌では(リズムが付くため)吃らないこと
 が多く、一人での練習(発声練習以外)は効果はあがりません。

◎吃音は、連発(同じ語が続けてでる)・伸発(語が引き伸ばした発声となる)・難発(語頭がつ
 まってしまい発声が困難な状態)の三種類あり、難発がある人が多く悩みが多いのも難発
 であるといえます。症状が軽減した人もいますが、軽減していない人もいます。

◎基本は『ビジネスリハビリ例会』です。社会の中で吃音を意識している方は一人では改善 
 練習はほとんど出来ないと思われます。社会人向けを考えてビジネスという表示です。

◎吃音を持った人にとっては、会話・朗読・スピーチ・電話など苦手なことがありますが、例とし
 て電話は本物を使います。朗読は短い文章をロールプレイ練習で行っています。

◎蓄積した「いくつかの苦手場面」を徐々に馴していく例会を行っています(苦手度の克服)。

◎年齢は中学生以上を対象。例会は、練習のほか柔軟に相談や分かち合いもしています。

◎例会はお互いが努力し合うものですが、改善を保証できるものではありません。

◎出席回数は本人次第ですが、継続すると改善効果は持続し、中断すると改善効果は戻りや
 すくなります。吃音改善研究会(東京)『条件反応消去の注意点』を参照。

問い合せ(申込みを含む) 
    Tel/080-3695-9200(9:00〜21:00)寺田
    Fax/076-272-0364 (9:00〜21:00)
    Mailボタンで、メール作成画面に変わります。
    件名変更は自由。数日返信がない時は再送信願います

例会場

カラーポスター
(地図つき)
こがね荘(白山市身体障害者老人福祉センター)
JR松任駅南側出口から徒歩約12分
石川県白山市博労2丁目50
電話076−276−3998

2017年 例会予定日時
例会内容
会場
 10月15日(日)14:00〜17:00 
共通練習・個別練習
一階 研修室
       29日(日)  〃       
 11月12日(日)     〃       
     26日(日)    〃       
 12月10日(日)     〃       
     24日(日)    〃       

例会出席について、お願い。  

◎初回の方は事前にご連絡下さい。以後の出席連絡は任意。

◎欠席連絡は前日までに。◎当日連絡は携帯080-3695-9200へ。

参加者
年会費 
2017年度年会費0円。入会金は要ります。納入時期は入会時及び2018年4月中に。納入費は事情を問わず返金はありません。
A)正 会員
本年度0円
新規正会員は入会金2,000円。例会に出席される吃音者。テキスト・会報・全言連ニュース付(偶数月末配布)。
B)協力会員
1,000円
協力年会費のみ、入会金不要。例会参加は自由。会報付。全言連ニュースは付きません。
C)見学参加
無料
2回まで。

以下は、2016年5月28〜29日、『第30回言友会中部大会inいしかわ吃改研』の講師2名です。

近藤雄生氏ホームページより↓→
新潮45・吃音と生きる5