吃音改善自助グループ“いしかわ吃改研”へようこそ   カラーポスター

   言友会創立50周年

『第30回中部大会inいしかわ吃改研』能美・さらい

日時:5月28〜29日(土〜日)

        13:30会場受付〜翌日11:45お開き

会場:能美市ふるさと交流研修センター・さらい

     (旧名:わだやま荘)http://nomi-serai.jp/

住所:石川県能美市石子町ハ147-1 

           :0761-57-1212 FAX:0761-57-1213

アクセス図は、pamphlet1.pamphlet2.ボタンにあります。

*中部大会は終了しました。ご参加ありがとうございました。

↓掲載本↓

以下は、通常活動のご案内です
■吃音(きつおん・どもる症状・Stuttering)で困っている方、集まりませんか?
当会は、吃音改善を目指す自助グループです。
■吃音は理解されにくいものですが、吃音には難発・連発・伸発があります。
その多くは難発が占めているようです。
改善は発語の問題だけでなく、予期不安や場面を避ける傾向があり、仲間と語り
合うことも大切と考えています。
苦手な固有名詞やビジネス電話練習を根気強く行っています。
■朗読は短い文章をロールプレイ練習で行っています。
蓄積してきた「苦手場面」を徐々に馴していく例会を行っています。
■18歳以上なら白山市内外を問わず歓迎しています。

 私は約41年前、石川県で苦難の末、セルフヘルプグループ(言友会)を立ち上げ、長年活動を続けてきました(休会と再開しながら)。
 2006年に東京の全国大会に於いて、吃音改善研究会(東京)の堀寛氏のご講演を拝聴し、吃音改善に立ち向かう姿や理論の素晴らしさに魅かれてしまいました。遂に決心し一年間の熟慮を経て2010年4月に吃音改善自助グループ“いしかわ吃改研”(石川吃音改善研究会)を立ち上げました。東京の吃音改善研究会とは連絡を取りあっています。弊会は全国言友会の一員です。代表:寺田仁     
活動例会日程   

3時間×月2回×12ヵ月。

 出席回数は本人次第ですが、継続すると改善効果は持続し、

 中断すると効果は戻りやすくなります。

 吃音改善研究会(東京)12.条件反応消去の注意点を参照

◎例会参加は定刻10分前までにお集まり下さい。

 欠席は前日午前中までに連絡して下さい。

◎初回の方は確認し来会して下さい。080-3695-9200

2016年 例会日時
例会内容
会場
6月12日(日)14:00〜17:00
共通・個別練習・中部大会を

振り返る
一階 研修室
  26日(日)     〃
共通練習・個別練習
7月10日(日)   〃
  24日(日)   〃
例会場へのアクセスこがね荘正面 

石川県白山市博労2-50(旧松任市)  076-276-3998 山市身体障害者・老人福祉センター
 地図は、例会場「こがね荘」へのアクセス(駐車場あり・向かいが石川中央保健福祉センター・松任税務署の隣・JR松任駅より徒歩約15分・8号線「総合運動公園口交差点」より車で約10分「博労町交差点」のすぐそば)。
参加者
年会費 
入会金不要、12ヵ月毎の継続会員制。納入会費は事情を問わず返金はありません。
A)正 会員
4,000円
主として例会に出席される吃音の方。テキスト・会報二種・全言連ニュース付。
B)協力会員
2,000円
例会参加は自由。会報二種。全言連ニュースは付きません。
C)見学参加者
無料
2回まで。飛込み参加可能ですが、事前連絡あると助かります。
*年会費は、例会時または郵便口座へ。
問い合せ Tel/080-3695-9200(9:00〜21:00)寺田
                Fax/076-272-0364 (9:00〜21:00)
Mailボタンで、メール作成画面に変わります。件名変更は自由。

        24時間受付。数日間返信がない時は再送信お願います