石川県勤労者協議会連合会

              

            事務局・〒920-0024 金沢市西念3丁目3番5号 石川県勤労者文化会館(フレンドパ-ク)5階

                 石川県平和センタ-内  ℡076-233-2170  Fax076-233-2244  isikawakenkinren@yahoo.co.jp

 

県勤労協第35回研究集会&定期総会

  ① 日時 24 ()25() 

会場 粟津温泉 金閣      参加費11.000円

  ③ 日程   午後1時~受付

午後1時30分~定期総会

          午後3時~5時 研究集会 記念講演「フクシマのいま!」

              講師   浅田 正文さん

◎講師紹介=浅田さんは福島第一原発から23キロの、緊急避難区域に指定されている田村市都路(みやこじ)から、友人が住む金沢へ避難してきた。17年前、福島の田舎暮らしを求めて移住し、薪ストーブに薪風呂という暮らしだった。合併前の都路村では産廃処分場建設計画の反対を訴え村議選に立候補し当選を果たす。「2年後にはぜひ自宅に戻り、ひまわりや菜種を植えて地域の放射能を少しでも除去することが、原発を許してきた自分たち世代のひとつの役割かな。それまでの間は原発をなくすために全力で活動する」と言う。

         午後6時30分  夕食・懇親会   翌日朝食後解散

※代議員数 43名 各単協2名以上(代表幹事を除く)

加賀市3名 山中町2名 小松市4名 能美2名 白山市4名 野々市市2名  金沢市6名

 内灘町2名 津幡町2名 かほく市2名 羽咋郡市4名  七尾鹿島4名 輪島・穴水2名

 能登町2名 珠洲市2名  各単産・単組は 1名。

日本勤労協 東海・北陸ブロック第11回総会

期日 5月29日()~30日( )  会場 神通峡 春日温泉「ゆ-とりあ越中」

 富山市春日96-1  ℡076-467-5000参加費 11.000円  ※参加体制 石川で25名

29日 13時~ 受付   14時~総会・記念講演  18時~懇親会

30日  9時~分散会   11時~全大会  ※11時30分解散

 

 2月24日 県への「要望書」の回答★ 

会長・事務局長・次長で対応  富瀬 県議同席いたしました。10月に要望した事項について労働企画課の課長から 回答がありました。「食品の安全確保について 国の基準に対処」「志賀原発の関係自治体と北電の協議の対応の補足」などと 継続した要望については ほぼ従来と変わらない状況の説明がありました。貸与式奨学金は 検討、千里浜の人口リ-フは継続 水産・農業学科は現状で対応

輪島市での産業廃棄物最終処分場は十分に検討 観光パンフレツトは「ホツと石川まるごとマツプ」の活用 自然エネルギ-は 地域の特性から水力を活用していきたい(詳細は総会議案に収録) 回答説明後 更に要望の実現に向けて 参加者から補足の質疑をいたしました。 

 

 

 

「石川県憲法を守る会総会」2月26日

代表委員の岩淵正明弁護士は挨拶で、当日の北陸中日新聞の特集記事に言及し、緊急事態条項は、

ナチ党独裁生んだ国家緊急権と酷似していると警鐘を鳴らしました。

柴田未来さんは、文化立国石川県は加賀藩以来、戦をせずに本物を残そうという気概のある土地

である、政治の使命は人が平和で安心して一生を送ることを守ることにあると挨拶されました。

 

川本 樹弁護士による「安部政権の改憲戦略」


緊急事態条項は3権分立という統括機構を停止させるものであり、ルールを使う人にルールを

作る権利を与えるようなもの。日本の憲法にだけないというが、他国では限定的である。

 

 

第46回石川県消費者大会 3月23日()  13時30分~15時30分

会場 石川県地場産業振興センタ- 新館5階12研修室

テ-マ 「TPPを 考える」 講師 山田 正彦 弁護士 (元農林水産大臣)

早稲田大学第一法学部卒業。司法試験合格後に、五島で「牧場」を経営。オイルショックの影響で牧場経営を挫折。その後、弁護士事務所を開業し中小企業の借金問題、サラ金問題に取り組み、暴力金融と徹底的に闘う。4度目の挑戦で衆議院議員に当選。平成23年農林水産大臣に就任。宮崎県で猛威をふるった口蹄疫では、現場の最高責任者として封鎖にあたる。 大臣退任後、「TPPを慎重に考える会」の会長を務め、現在「TPPを考える国民会議」の副代表として全国的に活動中。

 

※会場が 狭くて 満席になると想定されますので 早めに お出かけ願います。

憲法集会 5月3日()

 日程 10時~    コンサ-ト  教育会館3階

    12時30分~ 集会・デモ  本多の森公園

    14時~    集会  本多の森ホ-ル    ※詳細は後日 文書で案内します

 

                          

核も基地も原発も そして戦争もない 平和な21世紀をつくろう

2016年新春の集い> 主催:「新春の集い」実行委員会(県平和センター、県勤労協)

1月5日に 金沢市・スカイホテルで、石川県知事(代理)、連合会長はじめ、各界各層、友誼団体の参加のもと、 石川県平和運動センターと石川県勤労者協議会連合会の共催による「新春の集い」が開催され、和やかななかにも、反原発・平和のために 参議院選挙での必勝を期して「闘う決意」を固めあう場となりました。開会前の代表幹事会で 参議院選挙候補者・柴田未来さんの 推薦を決定いたしました。総勢140名 県勤労協は30名。 

加盟単協の 新年のつどい・旗びらきも 1-2月に各地で開催されました。

         

 

2016年新春の集い>

主催:「新春の集い」実行委員会(県平和センター、県勤労協)

1.とき 2016年1月5日(火) 午後6時15分~8時  受付は午後5時45分から

2.ところ ANAホリデイイン スカイホテル18F  金沢市武蔵町15-1 ℡076-233-2233

.出席要請数 30名(代表幹事含む 必ず確保してください)

加賀市・山中2名、小松市3名、能美2名、白山市5名、野々市市2名、金沢市6名、内灘町2名、津幡町2名、かほく市2名、羽咋郡市3名、七尾鹿島3名、輪島市・穴水町2名、能登町2名、珠洲市2名     出席者氏名報告 15年12月18日(金)まで

4.会 費 1人 5,000円(当日受付にて)<但し 代表幹事は3,000円(2,000円県連負担) 当日4時から第3回代表幹事会を 開催します。

 

 

★冬季物資販売の協力 ありがとうございました★

 

 

 

   福島名産『喜多方ラーメン』】(生ラーメン)

  ◎販売価格  1箱(6食入り)1,100円     1ケース(20箱)22,000円 

    ▽販売目標 (ケース・(   ))

  加賀市2(40) 山中1(20) 小松市3(60) 能美2(40) 白山市4(80) 野々市市1(20)金沢市8(160)

  内灘町2(40) 津幡町240) かほく市2(40) 羽咋郡市3(60) 七尾鹿島3(60) 輪島市・穴水2(40)

 能登町2(40) 珠洲市2(40)

   珠洲産『天然・鉢ヶ崎の塩』】      ◎販売価格  1袋550円(200g)

   奄美の黒糖もろみ酢】    ◎販売価格  1本 2,500円  1ケース(12本)30,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第21 フオ-ラム石川 in白山 について

 

 

  

  

「住みよいまちづくり」をテ-マにフオ-ラム石川in白山が、11月7日(土)に 白山市労働会館(おかりやプラザ) 2階 大ホ-ルで  80名が参加して 開催されました。古河尚訓(前白山市議)は 白山市ジオパ-クについて、山田憲昭(白山市長)は 対話と参加のまちづくりについて それぞれ1時間程度 語っていただきました。石川県勤労者協議会連合会・白山市勤労者協議会連合会の主催です。

 

 

憲法記念日「石川県憲法を守る会」の 集会

113日 

 

 

 

 

 

金沢市いしかわ四高記念公園で 「石川県憲法を守る会」の 集会・デモに 参加いたしました。「戦争法」の 廃案を 勝ち取ること、施行実施が どのようなものになるのか監視を 強めていくことを 意思統一いたしました。

 

 

 

 

石川県への要望書の提出  10月22日

石川県に対して 新規3、継続11の14項目の要望を 提出いたしました。例年のように2月には 窓口の労働福祉課が 関係部署の 見解を取りまとめ、回答があります。

 新規の要望

1.  奨学金の返還が社会問題になっていることに対しての 見解と県としての対処

2.  高校教育で 後継者の育成のため 水産、農業学科の復活

3.  輪島市での「産業廃棄物最終処分場」の 許認可に対して 十分な検討を図ること

 

 

8.30「安倍政治を許さず、安保法案の廃案を求める石川県民大集会」
      2000名~勤労協も50名が参加
「安倍政治を許さず、安保法案の廃案を求める石川県民大集会」は、共同行動を続けてきた8団体(勤労協は「憲法を守る会」の構成団体として参加)が呼びかけたが、政党、労働団体、市民団体ばかりではなく、地域の住民、市民も自発的に加わった。共同行動呼びかけ人の岩淵正明弁護士が開会の挨拶に立ち、平和運動センター代表、戦争をさせない石川の会、青年法律家協会から川本樹弁護士、安保法案に反対するママの会石川から村上さん親子、富山から若者運動の笠谷さんが次々と決起を訴えた。
 夏にしては、あいにくの雨。それも本降りの雨の下、金沢の犀川桜橋、大橋間の右岸河川敷に、県民2000人以上が大結集した。デモ行進は、延々片町から武蔵が辻までデモ隊が一線につながるほどだった。

 

  

 

★藤田会長は 日本勤労協の要請で「10万人国会包囲行動」に参加しました。

 

夏期物販の協力ありがとうございました

 

①青森“りんごジュース 325 (昨年度345 )
②珠洲“天然・鉢ケ崎の塩 275 (昨年度287 )
③奄美大島“奄美の黒糖もろみ酢” 8 (昨年度32 )

 

 

★日本勤労協 第27回全国総会天童大会  

 

 

(1)日 時 2015年 6月28日(日)~29日

 (2)会 場 天童温泉「天童ホテル」

         山形県天童市鎌田本町2-1-3  ℡023-654-5511

 

◇全国から 191名 石川県連からは16名が 参加して 成功裡に終わりました。石川からは まちづくりでの「自治体要請行動」や 志賀原発廃炉の取り組みなどが 報告されました。

 藤田会長が 日本勤労協の副会長に選出されました。次回は 静岡の予定です。

 

参加は 小松市2名、能美2名、白山市2名、金沢市3名  津幡町1名 かほく市1名、羽咋郡市1名、志賀町1名 七尾鹿島1名、 輪島市・穴水町1名 能登町1

 

                

  

 

 

※詳細は、「勤労協ネットワーク No.123」参照,

 http://www.kinrokyo.net/nihon/network2015/123/123.html#2

 

5月3日 憲法記念日  石川県憲法を守る会~集団的自衛権行使は許さない
 

「戦争させない5.3県民集会」をいしかわ四高記念公園で行いました。300名が参加(勤労協は30)し、「国際平和支援法によって自衛隊は世界中のどこでも戦争ができるようになることに 反対していくこと」を 確認しました。今年参加した「制服向上委員会のメンバ-も「武力でなく話し合いで解決してほしい」と訴えました。続いて平和憲法施行68周年記念講演がありました。

 

 

 

 

★2014年度 第33回総会 研究集会

 

 

★2015年度第34回総会 研究集会

 

 

★2015年統一地方選挙のとりくみ

 

 

★2014年 消費者大会 2014年石川県の回答

 

 

★2014年石川県への要請のとりくみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川県平和センター  | 日本勤労協

 

 

 


Mail 


Counter