'02年1月

1.クルーズ TAKAⅡ
2.GBRでのダイビング
3.旅行手荷物
4.ケアンズ
5.クランダ・ツアー




詳しいポイントマップはコチラ

1.クルーズ TAKAⅡ

 ケアンズに到着した日の16:45 TAKA DIVE に集合、17:30港に到着。34人乗りの船は思ったよりも小さく感じた。


 私たちはキッチン向かいのツイン(2段ベッド)ルーム。10月初めに申し込んだ時は、シャワー付きのデラックスツインはもう空いていなかった。その上、共同のシャワー室は狭くて3ヶ所、順番待ち...

 ゲスト27人中、日本人は私たちだけ。イントラの男性(Seiji)と、料理等の手伝いをしながら潜らせてもらっているHostyという立場の女性(Chiemi)が日本人。その2人ともワーホリで来ているとのこと。若いけどしっかりしていて、とても心強かった。

食堂とキッチン


 とにかくダイビング・クルーズで、私たちが一番心配していたのは船酔い。釣具店で買った酔い止めリストバンドと、時折具合の悪くなりそうな時に飲んだ酔い止め薬で、なんとか乗り切った。

 Chiはそれに加えて昼寝をしながら船酔いと戦っていた。夜寝ている間の移動中にかなり揺れる時があったが、スタッフによると、いつもより揺れない方だったそうでラッキー。コーラルシーに向かう時なんか、2段ベッドの上から転げ落ちる人もいるそうだ。

 外人夫婦のだんなの方が、1日だけ潜った後、ずっと船酔いで寝室にこもりきりだった。耳の後ろに酔い止めパッチを張ってたけどだめだったみたい。奥さんは元気に潜ったり、カードしたりしていたが...

 食事はなかなかおいしかった。ビールやワインは有料。1日の最後のEXIT後にすぐ飲むビールは最高!湯水は無料なので、のどが渇いたらティーバッグ。小腹が空いた時のために持って行った、お菓子やウイダーインゼリーも重宝した。

 食事や休憩時間など、ネイティヴの雑談についていくのはかなり大変。一生懸命単語を聞き取りながら、たまに話を振られた時など、持参の日本地図を見せながら話してた。A4版にプリントしたもので、Tokyo、Sendai、その他Okinawaなど日本のダイビングポイントを書き入れてあり、外人と話をする時には重宝。

 スタッフも結構変な日本語や簡単な英語で話し掛けてくれ、とてもフレンドリーで、良かった。日本人は若く見えるらしく、二人とも42才と言ったら、ものすごく驚いていた。50才は過ぎていると思っていたアメリカ人の女性が、私たちの1才下だと知った時は、こっちもぶっ飛んだ。

デッキにて、スタッフに抱きかかえられるChi


 食堂や寝室など部屋の中は、冷房が効き過ぎていてかなり寒かった。外は35℃くらいあるので、その落差に身体がおかしくなりそう。特に寝室の冷房がもろにベッドの上の段に吹き出すので、ティッシュペーパーを詰め込んで風を止めた。毛布も2枚もらった。結局Yuは最終日に風邪気味になった...



2.GBRでのダイビング Great Barrier Reef

 クルーズでは原則としてバディダイビング。モルディブのビーチでバディダイブをしただけなので、初めての外洋でのバディダイブはかなり不安だった。
 一応日本人イントラからポイントの説明は受けたものの、経験111本のリゾートダイバーとしては、どうしようかという感じ。でも1本目はChiemiさんもいっしょに潜ってくれて、助かった。
 外人ダイバーは、エントリーしてすぐどこかに行ってしまう。とにかく泳ぎが速い。エア切れも早い。

 全部で14本潜れるんだが、初日は4本潜って結構きつかったので、2、3日目は3本にして昼寝。やっぱり42歳にはきつい。全12本のうち半分くらいは日本人イントラと一緒だったけど、おっかなびっくりのバディダイブもなんとかこなした。慣れた頃に終わるんだもんな...

 水温はどこでも30℃。透明度はリーフ沿いは10~20m位、コーラルシーは30m位。とにかく魚影は濃い。時期的に幼魚、稚魚の群れがたくさんいた。さすがに世界一のサンゴ礁、ケラマとは全然規模が違う。でも水深5m位の所は死にかけてるサンゴもたくさんあったが。

 Yu&Chiの大好きなクマノミ系は種類が豊富でとにかくいっぱいいた。バリアリーフアナモネ、レッドアンドブラックアネモネ、オレンジフィンアネモネ、スパインチークアネモネ、クラウンアネモネ。

 日本近海のと似ているようでよく見ると違う。特にクラウンアネモネは日本のカクレクマノミと比べ、白い模様に黒い淵がついていてはっきり違う。それに全然隠れてないし。後に”ニモ”が流行った時は、クラウンアネモネがモデルと聞いて、チョッと嬉しかった。




 コッドホールは噂通り圧巻。よく見る写真のように、コッドが迫ってきて、なでなでしまくり状態。まあ餌付けしているということもあるんだろうが、行った甲斐があった。ナポレオンには触れなかったけど、サメもしょっちゅう出てくるし、満足、満足。

 しかしそこでのナイトダイブの時は、バディダイブで、流れもあり、急に足元からコッドが出てくるし、20分くらいでちょっと怖くなり、必死で船の明かりを探した。50m位流されて浮上したけど、近くにロープも流されていたので、それを引っ張りながら何とか船にたどり着いた。その時は救助ボートも出動していた。何しろ外人はもっと広範囲に流されていたようなので。

 夕食前のひとときは大飛び込み大会。外人の100kg超級の飛び込みは凄い迫力。それに対してChiは、”バッチーン”と音を出して腹打ち飛び込みを披露してしまい、オオウケ。”Belly Flop”というニックネームをもらい、一躍アイドルに。夕食後のビデオ鑑賞会でも盛り上がった。

 最終日は6時半集合の朝食前ダイビング。ウイダーインゼリーを持って行ってて助かった。腹が減っては潜られぬ。ところがマスターイントラが寝坊して、キャプテンに怒られていたらしい。この時はバディダイブなので、コンパスを合わせて行ったはずが、うまく船に戻れず、途中で浮上して方向確認をする羽目に。


 1日目 Challenger Bay (Ribbon Reef No.10)
       快晴 気温34℃ 水温29℃
       最大深度25m 透明度20m 53分 流れなし
       チンアナゴ、ハダカハオコゼ、固有種に次々遭遇

      Pixie Wall (Ribbon Reef No.9~10)
       快晴 気温34℃ 水温30℃
       最大深度20m 透明度15m 53分 流れなし
       ドットアンドダッシュバタフライ、ウミウシ

      Cod Hall (Ribbon Reef No.10)
       快晴 気温34℃ 水温29℃
       最大深度11m 透明度20m 56分 流れなし
       ジャイアントポテトコッド、ナポレオン



手に擦り寄るコッド



アケボノチョウチョウウオ



      Cod Hall (Ribbon Reef No.10) Night Diving
       曇り 気温30℃ 水温29℃
       最大深度8m 透明度20m 38分 流れあり
       ジャイアントポテトコッド、ミナミハタダテダイ

暗闇から突然出てきたコッド




 2日目 Mystery Cove (Osprey Reef/Coral Sea)
       曇り 気温30℃ 水温30℃
       最大深度28m 透明度30m 49分 流れなし
       マダラタルミyg、ホワイトチップ、スミレナガハナダイ
       マンタが出たと外人が言ってた

      Mystery Cove (Osprey Reef/Coral Sea)
       曇り 気温29℃ 水温30℃
       最大深度20m 透明度30m 50分 流れ少し
       鼻先をかじられたモヨウフグ↓、ヨコシマクロダイ



ムラサキイロウミウシ


      Entrance (Osprey Reef/Coral Sea)
       曇り 気温29℃ 水温30℃
       最大深度19m 透明度25m 51分 流れ少し
       洞窟系のポイント、ハタタテハゼがいっぱい


 3日目 Steve's Bommie (Ribbon Reef No.3)
       晴れ 気温30℃ 水温30℃
       最大深度24m 透明度20m 56分 流れなし
       オニダルマオコゼ、ウコンハネガイ、ミノカサゴ

      Temple of Doom (Ribbon Reef No.3)
       晴れ 気温30℃ 水温30℃ 53分
       最大深度22m 透明度15m 流れなし
       クマノミ天国、泳ぐウミシダ

レッドアンドブラックアネモネ



ウミウサギ貝


      Beer Garden (Agincourt Reef) Night Diving
       曇り 気温30℃ 水温29℃ 53分
       最大深度15m 透明度15m 流れなし
       オトヒメエビ、ホワイトチップ(目が光っていた、怖い)


 4日目 Hog's Breath
       快晴 気温30℃ 水温29℃ 50分
       最大深度19m 透明度10m 流れなし
       ミナミハコフグ、早朝のためか魚影は濃くない

      The 3 Sisters (Opal Reef)
       快晴 気温32℃ 水温29℃ 40分
       最大深度13m 透明度15m 流れなし
       クマドリイザリウオ、シャコ貝がいっぱい