INDEX中国結びとはわたしと中国結び基本結び解説我的展覧室台湾よもやま話資料室

中国結びの作品を制作するのに,わたしがいつも使っている道具や材料を紹介します。

美しい作品をつくり出す道具たち

台・はさみ・待ち針

はさみは紙用ではなく,布用の
先の細いもの
が使いやすいです。
台は硬いウレタンのような材質。
ひもを待ち針で台に固定して編んで
いきます。(写真のものは台湾製)

ペンチ・ピンセット

ひもを通したり,形を整えるのに
使います。ごく普通のピンセット
とラジオペンチ。

ライター・接着剤

ひもを接着するのに使います。
中国結びのひもは合成繊維なの
で,熱すると溶けてくっつきます。
接着剤は強力なもの。バレッタの
金具との接着などに使います。

漿水(薄い接着剤)

出来上がった作品の形がくずれ
ないように固めるものです。濃い
ニスのようなもの。写真のものは
台湾製ですが,透明ニスで代用
できるかも・・・。

結びの美を演出する紐

 中国結びの作品をつくるときに
最も大切なのは,材料となる紐です。
 紐にはさまざまな材質・太さ・色が
あり,同じ結びでも紐が異なると全く
違う印象に仕上がります。
 紐選びの重要な観点は,作るもの
のデザインや用途です。また,配色
を考えることも楽しみです。つくる人
のセンスが表れますね!

 よく,どこで手に入るかと質問を
いただくのですが,全く同じ紐を
取り扱うお店は未開拓です。日本
のどこかにはあるのでしょうが。
 わたしは,台北に行ったときに
まとめ買いをしたり,黄先生に送っ
てもらったりしています。
 江戸打ち紐で代用することもあ
リますが,やっぱり和風になりま
すね。
 ※最近「みんだ工房」さんで
  扱うようになりました。
   リンクへGO!

わたしの道具箱試試看!

わたしの道具箱