このサイトの作者は、1999年5月7日から2年間、英国のケンブリッジ大学にて在外研究を行っていた物理学の研究者です。現地から日本に送ったメールを、日本での勤務先の国立研究所のサイトで同時公開し始めたところ、作者の予想をはるかに超える人気をよびました。やめるにやめられず、3ヶ月後には調子に乗ってエッセイ形式に形を変えてしまい、のちのち後悔しながらも、主として深夜にケンブリッジの自宅でせっせと書き溜めてまいりました。今となってはとても良い思い出です。実は、まだ未公開の文章や写真がたくさんあります。いつになるか全く見当がつきませんが、最近こちらのサイトに移動して来てからはアクセス数も落ち着きましたので、また暇を見つけてぼちぼちと更新して行く予定です。どうぞ首を長くしてお待ちください。

「ケンブリッジ便り」への入口

2003年1月20日、なんと2年ぶりに未発表の文章複数を公開しました。
さてどれが新しい項目でしょう?
 

2003年6月8日、ケンブリッジとは関係ないのですが、
南米旅行記を掲載しました

2003年8月30日、これまたケンブリッジとは関係ないのですが、
ウズベキスタン旅行記を掲載しました

2002年1月12日に、このアドレスに新しく引っ越して来ました。

作者へのご意見・ご感想はこちらのゲストブックへ