Introduction aux études rousseauistes

TOP

生涯

作品紹介

研究ツール紹介

学会動向・書評

生誕300年関連情報

ゆかりの地

ルソーと日本

ルソートリビア

リンク

自伝

『告白』、『対話』、『孤独な散歩者の夢想』は、自伝3部作と呼ばれる。特に『告白』は、近代自伝文学の起源とも言われている。

政治・社会

政治思想家、特に「人民主権」などの概念を展開する『社会契約論』の著者としてのルソーは、世界史の教科書などによって広く知られている。

文学

書簡体小説である『新エロイーズ』は、18世紀最大のベストセラーであり、ヨーロッパ人の自然への感性を一変させたとも言われている。

教育

「子供」を重視する『エミール』は大きなインパクトを与え、ヨーロッパではペスタロッチ、日本でも小原國芳など、多くの教育者に影響を与えている。

音楽

ルソーは、パリへ出た当初は音楽家としての成功を夢見ていた。『むすんでひらいて』の原曲も含まれる『村の占者』は大きな成功を収め、ルイ15世の前でも上演されている。

植物学

ルソーは、その後半生の大半の時間を植物学の研究に費やした。リンネやジュシューといった専門家とも交際しており、今後解明が期待されている分野である。

Introduction aux études rousseauistes