三里塚現闘団員四名の除名とわれわれの自己批判(「世界革命」第802号、1983年9月19日) (紙面では個人名が記されていたが仮名に変えられている。)

第13回全国大会コミュニケ(「世界革命」第986号、1987年3月30日)

「第四インター・女性解放グループ」の発足について(「世界革命」第1011号、1987年9月21日)

わたしたちの再出発にあたって−何よりもまず女たちのものである革命をたぐりよせるために(「世界革命」第1011号、1987年9月21日)

12回大会路線の清算のうえに同盟再建の新たな闘いを!(「世界革命」第1015号、1987年10月19日)

第四インターナショナル日本支部から離脱した新しい政治グループ(自称「第四インターナショナル日本支部再建準備グループ」)について(「世界革命」第1036号、1988年3月21日)

レーニン主義派の基本的立場−綱領的再生をめざして(「世界革命」第1046号、1988年6月6日)

日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)第十四回全国大会について(「世界革命」第1109号、1988年9月11日)

「第四インターナショナル日本支部・全国協議会」に対するわれわれの態度(「世界革命」第1109号、1988年9月11日)

「14大会」は成立していない 全国代表者会議を開催せよ(「世界革命」第1123号、1989年12月18日)

結成総会アピール・新たな革命党建設めざし全国協議会へ結集しよう(「労働者の力」創刊号、1989年9月10日)

日本支部の「綱領的破産」と再生の基本方針(「労働者の力」創刊号、1989年9月10日)

「14回大会」とその決定を認めない(「労働者の力」第2号、1989年10月10日)

女性差別問題とレーニン主義(「労働者の力」第9号、1990年5月10日)

「日本小委員会の報告と提案」(「労働者の力」第19号、1991年3月10日)(「世界革命」第1190号、1991年4月29日)

第13回世界大会について(「労働者の力」第19号、1991年3月10日)

第4回全国総会声明(「労働者の力」第22号、1991年6月10日)