空間をコーディネート「させるには

インテリア空間をコーディネートするにはどのような視点で見なければならないでしょうか。
ここで注目したいのは、空間、という概念は立体で構成されているということです。

インテリアコーディネートは色、デザイン、空気感、素材など、調和をはからなければならないポイントがいくつもありますが、そういった細かい部分以外に大局を見て、配置された家具や雑貨がどのように感じられるか、が重要です。

たとえばベージュのカーテン、白のソファー、やや濃い目のフローリング。
これらはよくある部屋のスタイルですが、ありきたりすぎて斬新さがありません。
くせがなく、飽きにくい反面、インテリアコーディネートと呼ぶにはオーソドックスすぎる感が否めません。
また、立体的な要素が少なく、のっぺりとした印象をあたえてしまいます。

時には人の目をひきつける様なコーディネートが正解だったりします。
上記の例ならフローリングを思い切って中途半端なブラウンではなく、黒に近いダークブラウンにしてみてはどうでしょうか。
コントラストが強く、印象的になり、刺し色をうまく添えれば引き立ちます。

このようにインテリアの面白い部分は王道があってもそれがいつでも正解ではないというところです。
たまには王道を外れ、ちょっとしたアクセントになることを考えてみるのもよいでしょう。
もちろん簡単には直せないものではありますから、事前にイメージしやすいよう、コーディネートに着手する前に、図面やイラストを描いて自分の頭の仲の部屋を具現化しておくことをお勧めします。