雑貨をうまく使う

インテリアコーディネートというと家具の配置や配色の印象が強いですが、照明や時計、クッションなど雑貨類も大きな要素のひとつです。

雑貨のコーディネート法もいろいろなものがありますが、ここではアクセントとなる雑貨を使った方法をお勧めします。

ソファーやダイニングテーブルなど、大きな家具ほどなかなか思い切ったデザインは見つからないものです。
あまりクセのあるデザインに仕上げると面積が大きいだけに、奇抜な印象だけが悪目立ちしてしまうため、メーカーもシンプルなデザインに仕上げます。
素材もある程度決められたものが毎シーズン使われたり、形もオーソドックスな様式が受け入れられているのが現状です。

しかしどうせインテリアコーディネートするなら遊び心のあるデザインも取り入れたい。
そんな時に便利なのが上の写真のようなユニークなデザインの雑貨たちです。
値段も家具に比べると手ごろなものが多く、マガジンラックなど機能的なものを選べば目に楽しいだけでなく、利便性の面からみても生活に役立ちます。

インテリアにおいては空間を調和させるだけではなく、自身の生活様式までをコーディネートするのが肝要です。
忙しい日々の中でも生活を彩るゆとりは持ち合わせておきたいものですね。