ページ上部へ

ご挨拶 ― 皆様のオファー獲得の42.195kmの道のりを残り10kmに短縮したい


 本サイトにアクセスいただき、ありがとうございます。

 近時、私たち若手の法曹を取り巻く環境は、年々厳しさを増しています。 しかし、司法試験も二回試験も、そして就職と転職も「秘訣」というのは大げさですが、「鍵」というものが存在すると考えています

 卑近な例ですが、あなたに可愛い「甥っ子」がいるとします。この春、無事、法学部1年生になりました。この甥っ子が、司法試験合格者であるあなたにLINEを送ってきました。甥っ子『僕もあこがれの法学部、絶対に法曹になりたい!司法試験合格目指す!まずは予備試験に向けて民法を全部暗唱できるようにするね!!』

  あなたは、芦部憲法や六法を無駄に蛍光ペンで染め上げた、無我夢中で赤線を引いたあのころを思い出します。そしてこう返信するはずです。あなた『ちょっとまってね。大切なこととして、合格するには、もっと効率的で正しい方法論があるから、それを押さえてから勉強をはじめたら?』

 ところが、多くの方が、自身の「就職」「転職」になると、民法の全条文を暗記する!といったこの甥っ子になってしまうのです。ヤフー株式会社COO室室長・安宅和人氏がその著書『イシューからはじめよ』で述べている「犬の道」ではありませんが、 就職も転職も、むやみやたらに全力疾走をはじめれば、「春」に勉強を強引にスタートし「秋」には早くも合格の道筋が見えない学部生になりかねません。

 本サイト及びガイドブック「若手法曹のインハウス就職/転職一問一答」が、法務部門へ進出される若手法曹の皆様の『オファー獲得の地図』になれば幸いです。これから「就職」「転職」のオファー獲得に向けて動き始める方のスタート地点が、「ゼロ」からのスタートではなく、ゴール間近からになって欲しい。そのためのお手伝いをしたいというのが私の偽らざる心境です。皆様の42.195kmの道のりを10kmに短縮したい、そう思い、心を込めて執筆しました。是非、お役立ていただけますと幸いです。

 

なぜ、ガイドブック「若手法曹の就職/転職一問一答」を作成したのか


 若手法曹の「就職・転職」について、あらゆる情報が不足しています。管理人が「大手外資系法律事務所」から転職した際(2012年1月前)、転職の失敗談・ノウハウ・コツを「若手法曹」の視点でまとめたサイトや文献は発見できませんでした

 その後も、状況は変わっていません。2012年から2014年の2年間、大手事務所の同期後輩、さらに司法修習生・ロースクール生の方から、「若手法曹の就職/転職」に関して度々質問や相談を受けました。2015年も状況は殆ど変っていません。頂く質問はいつも同じです。

 (漠然とした相談を含めると)相談数は、1か月に多い時で8-10件。「インハウス」というキャリアに潜在的に興味をもっている若手法曹の数はぐっと増えています。

 上記の状況から、相談者に対して都度シェアをし(ブラッシュアップしてきた)若手法曹のためのインハウスの「就職/転職」に関する情報を1冊のガイドブックにまとめることを決めました。2014年以降も続々と誕生する『インハウスとなる若手法曹』の方、一人一人のお役にたてる1冊と考えています。2016年以降もおそらく引き続き、どなたかのお役にたつと信じています。最新版のガイドブック「若手法曹のインハウス就職/転職一問一答」の詳細は、本ページ内のこちらにづづきます(続く)