※ポインタを置くと画像が切り替わります。 ▼鶴見川・恩廻公園(2011/06/25)
フロント29in+リア26inの69erではなく、フロント26in+リア24inの46er。
▲1984年製はシリアルナンバーの頭に"BB"が付く。
製造年
1983 AA
1984 BB
1985 CC
▲2011JCF/MTB ジャパンシリーズ富士見パノラマ大会(2011/06/05)の終了後、
CANNONDALE FACTORY RACINGTEAM
山本和弘選手(当時)がSM500に試乗。
▲ハンドルバーとステムは、一体型のSpecialized Bullmoose。
▲ブレーキレバーは、カンチブレーキ用のSHIMANO Deore XT BL-M700。
なんか・・・自動二輪のブレーキレバーのようなデカさ。(笑)
グリップはSHIMANO PRO XC FORM GRIP。
▼シフターは、5速仕様のSHIMANO Deore XT SL-M700。
SISの機能は無く、フリクションのみ。
▲初期のcannondaleロゴは、傷も無く綺麗な状態で残っている。
1インチ・スレッドタイプのヘッドセットは、なにも表記が無いので詳細がわからないのだが・・・少々問題あり。
実はこのヘッドセット、上ワンも下ワンもスカスカで、簡単に抜けてしまう。
ヘッドチューブの内部は意図的に削ってあるのだが、かなり荒っぽくて真円でなかったりする。
ノギスで測ってみると、ITA(ワン外径30.2mm)のヘッドチューブに、JIS(ワン外径30.0mm)のヘッドセットが装着されていたのだが、フォークはITA(下玉押し内径26.4mm)だったりする。
なんとかせねば。
▼鶴見川・恩廻公園(2011/06/25)
▲リアディレイラーはSHIMANO Deore XT RD-M700。
初代のXTで、鹿のマークがあることから鹿デオーレとも呼ばれた。
▲▼フロントディレイラーは下引きのSUNTOUR LeTech。
クランクはSUGINO Aero Tour。
フィキシングボルトを、六角ボルトからキャップボルトに変更。
カップアンドコーン式のボトムブラケットは、135mm軸長のSUNTOUR。
現行のSHIMANO用BB外しが使えないので、ロングリングの締め用のマルチフック(BBB BTL-24 MULTIHOOK)を新たに購入した。
▼5速ボスフリーカセットはSUNTOUR New Winner。
現行のSHIMANO用フリー外しが使えないので、SUNTOUR 2爪用のフリー外し(PARK TOOL FR-2C)を新たに購入した。
※ポインタを置くと画像が切り替わります。
▲鶴見川・恩廻公園(2011/06/25)
▲本来ならフロントブレーキは、SHIMANO Deore XT(BR-MC70)が取り付けられているはずなのだが、このバイクには下位グレードのSHIMANO BR-AT50が付いていた。
▼リアブレーキは現在でも人気が高いDIA-COMPE MX1000。
▼オリジナルのCheng Shin Knobbyが経年劣化で要交換状態だったので、前後同じモデルで揃えるKENDA SMALL BLOCK 8に交換。
フロント26インチでリアが24インチと、前後サイズが違うので選択肢が極端に少ない。
本当はサイドスキンのタイヤがいいのだが・・・いまどきそんなの無いし。
▼リムはSUNとcannondaleのWネーム。
▼ハブは前後共にSpecialized。
ベアリングはシールドだが、ナット式なのが時代を感じる。
▼サドルはBROOKS Europex。
革製で無いBROOKSは、初めて見た。
▼シートピンはSUNTOUR。
シートポストは、メーカーか確認できず。
▼元々、BROOKLYN MACHINE WORKS Race Linkに取り付けてあった、Crupi PRO SQUARE PEDAL Ti Shaftを装着。
cannondale KILLER V 900
某海外オークションでたまたま見つけて、300ドルで落札。
シリアルナンバーの頭に"BB"が付く、正真正銘の1984年製SM500です。
MTB創成期に、キャノンデールが作った最初のMTB(1984年発売開始)です。
ちなみに・・・・キャノンデールが初めて作った自転車は、
1983年に発売されたスポーツ/ツーリング車のST500(300)で、
シリアルナンバーの頭に"AA"がつく。

30年近く前のバイクだが、思っていたより状態は良い。
フレームには傷はたくさんあるが、大きな凹みもなく、致命的なダメージはなさそう。
パーツ類はグリップとワイヤー以外は当時のままという事だったが、
状態が良いのでこのままでも十分使えそう。
全部バラして確認をしてみたら、フロントブレーキもカタログ記載の物とは違うことが判明。
キャノンデールの場合、記載されている物とは違うパーツが付いている事があったので、
元々これが取り付けられていたのか、後から交換されたのかは不明。

さて、どうやってカスタマイズしよう〜。(笑)

購入費用(セカイモン)
1次決済金額 商品価格 24,615円 US$300.0
米国内配送料 4,102円 US$50.0
米国内消費税 0円
セカイモン手数料 3,692円 US$45.0
2次決済金額 アメリカ→日本/国際配送料(保険料込み) 30,614円
関税
消費税
合計 63,023円

Vintage Cannondale Gallery

1984 cannondale SM500
キャノンデール SM500
CATALOG DATA 購入時
2011/05/28
現在
2011/06/15
コメント
Frame SM-300 16inch
Headset Specialized sealed bearing steel 1inch
Fork Tange crome-moly
Rim Front Sun Metal extruded aluminum
26inch
Rear Sun Metal extruded aluminum
24inch
Spoke 14gauge , 4X , dishless
Hub Specialized
Tire Front Cheng Shin Knobby
26inch
KENDA
SMALL BLOCK 8
XC/4X
26×1.95/DTC
Rear Cheng Shin Knobby
24inch
KENDA
SMALL BLOCK 8
DIRT STREET
24×1.95/DTC
Tube Front ?
Rear ?
Crank Sugino Aero Tour
24/36/44 172.5mm
Bottom Bracket Suntour sealed Suntour
JIS-135mm
Rear Cog Suntour New Winner
13/16/21/26/30 5 speed
Chain ?
Derailleur Front Suntour LeTech
Rear Shimano Deore XT RD-M700
(実測237g)
Shifter Shimano Deore XT SL-M700
Brake Lever Shimano Deore XT BL-M700
Brake Front Shimano Deore XT Shimano BR-AT50
Rear Dia Compe MX1000
Stem Specialized Bullmoose handlebar
Handlebar
Grips ? CODA SHIMANO PRO
XC FORM GRIP
Saddle Brooks Europex
Seatpost SR ME-300 silver ?
Pedal SR MP464 BL Crupi
PRO SQUARE PEDAL
Ti Shaft
Color Charcol
Weight XX.XXkg
(実測)
13.30kg
(実測)
12.58kg
(実測)
Other parts - - -

UP DATE 2017/08/17
戻る