メタボリックシンドロームこれだけは知っておいて!

ここんで考えてください!緊急時の対応法は、知っておいてください!知らなくて、命を落とすことなく! 突然の時の対応を

 




これはアメリカのメタボリッシンドロームの医学・メタボリックンドロームに対する記述です。



症候群と関連した他の状況は、身体的な休止、老化、ホルモンのアンバランスと遺伝子の性質を含みます。


メタボリックシンドロームは、1人の人で一群の代謝危険因子によって特徴づけられます。

腹部の肥満(腹部の内外の過度の脂肪組織)脂肪血症(血脂肪障害 ? 高いトリグリセリド、
HDLコレステロール(善玉9と高いLDLコレステロール(悪玉)? 動脈壁でそのあたりの増強)、
メタボリックシンドロームにかかった血圧インシュリン抵抗

ブドウ糖狭量(体は、インシュリンまたは血糖をきちんと構成できません)
例えば高いフィブリノゲンまたは血のプラスミノゲン活性剤抑制剤
例えば血の中の高いC反応性蛋白、ピープルは、動脈壁(脳卒中と末梢血管疾患)と
タイプ2糖尿病で飾り額増強に関連した冠状動脈性心臓病と他の病気で危険が高いです。
メタボリックシンドロームは、アメリカ合衆国でも、ますます普及するとみられました。
5000万人以上のアメリカ人がメタボリッシンドローム症候群と見こまれます。

このメタボリッシンドローム症候群の優位な根本危険因子は、
腹部の肥満とインシュリン抵抗であるように見えます。
インシュリン抵抗は全身性代謝性障害です。
そこにおいて、体は能率的にインシュリンを使うことができません。
そういうわけで、メタボリックシンドロームインシュリン抵抗症候群とも呼ばれています。

メタボリックシンドローム症候群と関連した他の状況は、
身体的な休止、老化、ホルモンのアンバランスと遺伝子の性質を含みます。


インシュリンについて
一部の人々は、遺伝的にインシュリン抵抗の素因となられます。
要因(例えば過剰な体脂肪と身体的な休止)は、
これらの人々でインシュリン抵抗メタボリックシンドロームを誘発することができます。
インシュリン抵抗をもつ大部分の人々は、腹部の肥満があります。
インシュリン抵抗代謝危険因子の間の分子レベルの生物学的メカニズムは、
完全にはよく理解されていなくて、複雑です。



どのような状態で、メタボリックシンドロームは診断されますか?
メタボリックシンドロームを診断するためのよく認められたアメリカには基準が、ありません。
国立Cholesterol Education Program(NCEP)Adult Treatment Panel III(ATP III)によって提案される基準は、
マイナーな修正で、現在推薦されて、広く使われています。

米国心臓協会全国心臓肺臓血液学会は、メタボリックシンドローム
これらの構成要素のうちの3つ以上の存在と確認されるよう勧めています。
ちなみに、日本ではメタボリックシンドロームは2つ以上の要因とされています。

高い胴囲:男性は120cmを超えるもの
       女性は88cmを超えるもの

コレステロール:HDL(悪玉)男性 ? 40mg/dL未満 
           女性50mg/dL未満

血糖値:130/85mm Hgを超えるもの100mg/dLを超える。

あくまでもアメリカ人の体系におけるものです。
言い換えれば、この数値を日本人に置き換えると
それはかなり深刻な状況といえるでしょう。


ですが、私は、アメリカの先進医療とメタボリックの先進国であること
国の対応が日本よりはるかに以前から行われたことを考えると
日本のサイトの記述より、信頼度が高いと考えます。


メタボリックシンドロームを管理することのAHA体験推奨


メタボリックシンドロームの臨床処置の主なゴールは、
心血管疾患タイプ2糖尿病のために危険を減らすことになっています。
それから、第一線の治療は、心血管疾患の主要な危険因子を減らすことになっています。
禁煙して、LDLコレステロール、血圧とブドウ糖濃度を推薦されたレベルに引き下げてください。

-短期危険を管理するために、生活改善療法は、
代謝危険因子を減らす第一です。
これらの生活改善療法は以下に
望ましい体重(25kg/m2より少ないBMI)Increased身体活動を成し遂げる。
つまり、体内脂肪の減少です。
体重減少(飽和脂肪、trans脂肪とコレステロールの減らさす。
摂取量を含む大部分の重大な健康生活習慣。
少なくとも30分の適度な運動)

ここで、日本の医学博士等の言うか生活改善と共通します。
体内脂肪を減少されには、まず肥満状況から脱出することになります。
また、外見上肥満でなくても体重の上での肥満でなくても
体内脂肪が高い場合もあります。
このタイプの人が言い換えれば、一番危険性を持ちます。
なぜならば、これらの症状が時間症状がほとんど感じられないと言うことです。
深刻な状況になって、発見されるケースが多いいとのことです。






メタボリックシンドロームの方、またその患者の家族・メタボ予備軍の方へ

知っていて損のない緊急時の命を救う対応法心臓発作・脳卒中編


心臓発作と脳卒中は、生死に関わる非常事態です

あなたがこれらの徴候のいずれかをであるならば、病院に大至急行ってください。
すべてのこれらの徴候が、すべての心臓発作または脳卒中で生じるというわけではありませ
心臓発作脳卒中犠牲者は、これまでに患者に新薬と利用できない処置から回復されません。
たとえば、薬は進行中に若干の心臓発作脳卒中を止めることができます。
そして、障害を減らして、命を救います。
しかし、効果的であるために、心臓発作または脳卒中症が最初に現れたあと、
これらの薬は比較的速く与えられなければなりません。
遅れないでください ? すぐに救急車を読んでください!

心臓発作とは虚血性心疾患の発作と不整脈発作、なかでもアダムス・ストークス発作がこれに当たる。
症状は発作が起こると、みぞおちを中心とした、肩や首の付け根あたりまでの不快感や痛みを感じる。
男性と同様に、女性の最も一般の心臓発作症は、胸の痛みまたは不快です。
しかし、女性は他の一般の徴候も、
特に息切れ、吐き気/嘔吐と後ろのまたはあご痛みよりいくぶんありそうです。
もし、それらの症状が発生したら直ぐに安静にし、大至急病院に行ってください。
しかし、これを忘れないでください。
たとえあなたがそれが心臓発作であると確信しないとしても、
病院に行き医者にあなたのそれらの徴候について話してください。
速い対処は、命を救うことができます。
救急車を至急読んでください。

ここは重要なポイントです。

大至急救急者を呼ぶことは、大切なことです。
彼らが到着するとき、救急医療(EMS)スタッフは処置を開始することができます 。
よりすぐに、誰かが車で病院に着くより、EMSスタッフは、心臓が止まった誰かを回復させるためにも訓練されます。
また、通常救急車で到着する胸の痛みをもつ患者は、病院でより速い治療を受けます。
緊急治療室に迅速な輸送のために救急車を呼ぶことは、命を救う最良策です。
自分で車を運転することだけは、避けてください。

脳卒中とは脳血管障害のうち、急激に発症したものは脳血管発作) または脳卒中と呼ばれる。
脳を栄養する頭蓋内の血管(血流)に異常が発生し、
出血による炎症・圧排または虚血による脳組織の障害により発症する。
脳卒中を起こす場合、大抵は高血圧を伴っている。
脳梗塞・脳出血(脳溢血) ・クモ膜下出血

脳卒中の所症状交代性片麻痺とは脳幹の徴候としては極めて重要。
脳幹障害では同側の脳神経障害と反対側の上下肢の麻痺をおこす
大脳の障害では反対側の顔面をむくむ片麻痺を起こすので容易に区別できる
言い換えれば、脳神経症状と上下肢の片麻痺のサイドが逆ということで脳幹の病変と予測できる。
これが交代性片麻痺です。
出現する脳神経症状は神経核の位置と関係する。
即ち左動眼神経麻痺がある交代性麻痺がみられれば左中脳の障害である。
なお延髄の障害で交代性片麻痺が起こるのは延髄内側の病変である。
延髄外側、即ちワレンベルグ症候群では錐体路障害は起こらない。


突然の麻痺または顔、腕または足(特に体の一方の上)
突然の混乱、ものをいっているか、口がまわらない。
一方または両方の目でわかっている突然のトラブル
歩いている突然のトラブル、めまい、バランスの損失または調整
救急車(理想的に先進の生命維持で)があなたのために送られることができるように、
救急医療(EMS)にて麻痺したとすぐに言ってください。

また、あなたが最初の徴候がいつに見えたかについてわかっているように、時間をチェックしてください。
即時の措置をとることは、非常に重要です。
徴候の始まりの3時間以内に与えられるならば、
組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)と呼ばれている塊りを
破壊している薬が脳卒中で最も一般のタイプのために長期の障害を減らすことができて。
3時間の脳卒中発症の範囲内の脳卒中の治療のための唯一のFDA認可の薬物です。




メタボリックシンドロームBLOOD-COM  メタボリックシンドローム症候群 メタボリックシンドローム 血液サラサラコム 

メタボリックシンドローム・肥満 肥満がメタボに  メタボリックの対応法  骨ブーツとメタボ  メタボリックシンドロームの秘策

メタボリックシンドロームとの闘い! メタボリックライフ メタボろシンドロームと私のキーワード メタボリック予備軍 

肥満はストレスメタボリックの道へ  肥満大王・・・メタボリック王国  メタボリックシンドローム  メタボリック親爺

メタボリックシンドロームOK! メタボリックシンドロームからの脱出 メタボなブロガー  メタボ親爺 メタボでブ〜  メタボと闘う

YahooBLOGメタボリックシンドローム BLOOD-COMメタボリックシンドローム 

メタボックシンドローム健康生活COM My Private Site メタボリックシンドロームの教科書とその応用