どの映画を観るか


いくつかのインド映画を観てさらに他の作品を観たくなった時、
あまりにも膨大な数にどの作品を選んだらよいか悩んでしまいます。
このサイトのトップには最新インド映画情報も載せていますが、
最新作はインドやシンガポールなどに行かないと、日本で観ることは困難です。
なので、あくまで情報のひとつとして受け止めていただければと思います。
ではどの作品を観ていくか?ここではDVDで作品を観ることを前提にお話していきたいと思います。

1.昨年度の人気作品を観る
インドで映画が公開され、その作品がDVD化され、さらにインターネットやお店で買うことができるようになるまで、
ある程度のタイムラグが必要になります。
しかし、このタイムラグも最近は随分と短くなってきました。
短くなったとはいえ、インド映画視聴に関してはまだまだ難しい日本です。

インド映画を日本で観るにはDVDでということが多くなりますが、DVDを買うとなるとお金もかかりますし、
コンパクトとはいえ、たまってくると場所もとる。インド映画のDVDでは中古店にも売れない。
DVD購入で失敗しないためには、1年前くらいの作品が購入もしやすいうえ、
ある程度の評価もでているので選びやすいかと思います。

私を含め、インド映画ファンを続けているとどうしても最新作を観たくなりますが、
日本で普通にインド映画を楽しむなら、昨年度の作品を観るくらいで
十分インド映画のトレンドについていけると思います。

下記に最近の興業収入実績をあげておきましたので、参考にしてください。
個人的な作品の好みや、良い作品かどうかは別にしても、
映画に対して目が肥えたインド人の観客を動員したという実績はあなどれません。

2007年度興業収入ベスト10 (BOX OFFICE INDIA)<ジャンルはIMDbより抜粋>

Om Shanti Om ドラマ、ロマンス
Chak De India スポーツ
Partner コメディ
Bhool Bhulaiyaa コメディ、ミステリー
Heyy Babyy コメディ
6 Guru 伝記、ドラマ
7 Ta Ra Rum Pum 家族、ロマンス
8 Namastey London コメディ、ロマンス
9 Shootout At Lokhandwala アクション
10 Jab We Met ロマンス

2006年度興業収入ベスト5

Dhoom2 アクション
Lage Raho Munnabhai コメディ
Krrish アクション
Fanaa ドラマ、ロマンス
Rang De Basanti ドラマ、歴史

2.フィルムフェア賞の作品を観る
年間に何百作品も公開されている中、受賞作品はインド人の認知度も当然高いです。
「DDLJ」などはインド人全員が観たのではないかと思うくらいです。
また、比較的年齢が高めのインド人は口をそろえて「昔の映画の方が心があってよかった。」と言います。
海外のDVDショップにも、オールドムービーのコーナーが設けられている店も多いです。
このサイトにフィルムフェア賞の受賞作を掲載したのはどの作品が受賞したかというよりは、
歴代の名作を観るヒントにしてほしかったからです。
最近の作品もいいですが、過去の作品にも良い作品はたくさんあります。
別に章をもうけてありますので、そちらをごらん下さい。
 →フィルムフェア賞

3.お気に入りの俳優の作品を観る
こうしていくつかの作品を観ていくと、お気に入りの俳優がでてくるかもしれません。
そうなると、あとはその俳優の作品を追っていきたくなるでしょう。
人気俳優ともなれば出演作が何十とあり、ストックに事欠くことはありません。
また、年間2〜3本主演するので新作が出るのが楽しみになってきます。

俳優の出演作や作品の情報を調べるのは以下のサイトが便利です。

The Internet Movie Database(IMDb)


4.口コミ
さらに観る作品の幅を広げていきたいなら口コミもいいでしょう。
インド人はもちろん、DVDを販売しているお店の人やネットの評判なども参考になります。
自分で選んでいるとどうしても作品がかたよってしまうので、たまに全然違うタイプの作品を観てみるのも
思わぬ発見があっておもしろいものです。


5.インターネットでの予告編、ミュージカルシーンを見て決める。
新作が気になるようになってきたら、ネットでの予告編を見たり、
気に入ったミュージカルシーンから観る映画を決めたり・・・
映画3時間を観るにはまとまった時間が必要ですが、
ミュージカルシーンだけを集めたDVDは、インド映画ファンの最適なBGMになります。
以前に観た映画を思い出すのもよし、これから観る映画を選ぶきっかけにするのもよし。
映画自体はたいしたことなくても、ミュージカルシーンが良いものもたくさんあります。
ミュージカルシーン単独でも楽しめるのが、インド映画の大きな特徴です。
インド映画のとっかかりとしても、まずはミュージカルシーン集のDVDを見てみるのはオススメです。

ここまでくれば、オメデトウ。もうどっぷりあなたはインド映画の魅力にはまっています!!
観たい作品も自ずとでてくるでしょう。
インドのサイトについてはこちらの章も参考にしてください。

インターネットで見る