簡単ヒンディー語講座


 英語もいいけど、ヒンディー語も

インドを旅行する時、旅行英会話程度ができればそんなに不自由することはありません。
元イギリスの植民地だったこともあり、インドで英語は通じます。
ただし、ヒングリッシュとか印グリッシュと言われるように、かなりなまりが強いことも確かです。
よく出される例で、‘t’が強く発音されるため、「thank you」が「タんく ゆー」に聞こえたり、
‘r’を‘ル’と発音してしまうので、「bP」が「ナンバル ワン」になったりします。

しかし、都市部の人、観光に従事している人や、ある程度の学歴がある人以外、
つまり全インドということになると、英語が通じる割合は2%という統計もあります。
英語も公用語扱いですが、ヒンディー語はデリーなどの北インドを中心に、インド人の約半数が理解できる言葉です。
また、パキスタンのウルドゥー語も書き文字は異なりますが、会話ではほとんど同じです。

インド全土でもその土地土地で言語が違います。
映画もその土地の言語で作られています。タミル、テルグ、ベンガルなど・・
このサイトでは主にヒンディー語での映画を取り上げています。

ほんの少しでもヒンディー語がわかると、インド映画がぐっと身近に感じます。
字幕ではなく、俳優の言葉がじかに理解できた時の喜びはひとしお。

もちろん、インド旅行にも使えます。
ヒンディー語を話すと、英語を使う時よりインド人はとてもフレンドリーになり、
親切にしてくれたり、ぼられにくくなったり、しつこい物売りも退散してくれやすくなります。
もっとも逆に気に入られてつきまとわれることもありますが。
いずれにしても、ほんのいくつかのフレーズを覚えるだけで、インド旅行の楽しみは格段に広がります。

日本の50音はインドのサンスクリットに由来していることや、
語順が日本語と似ているため、思いのほか理解しやすい言語だと思います。
(仏教関係の言葉、金比羅や奈落などはサンスクリットが語源です。)
ここでは映画でよく使われる簡単なヒンディー語を取り上げていきます。

ちなみによく間違われることですが、ヒンズーというよりはヒンディー語、ヒンドゥー教です。

 ヒンディー語の教材

以前に比べるとヒンディー語学習の本も随分と多くなってきました。
CD付きのものもあり、比較的初学者向けのものが多いようです。
ご自分で手にとって使いやすそうな本を選ぶのがベストですが、
ここでは無料で学習できるサイトをご紹介します。
ただある程度デーヴァナーガリー文字が読めたほうがいいかもしれません。
ロケ地がインドなので、ちょっとした観光気分が味わえます。

A Door Into Hindi

また、ヒンディー⇔英語のオンライン辞書は下記のサイトが使いやすいと思います。

Word Anywhre

pyaar
ishq
muhabbat
ピャール
イシュク
ムハバット
インド映画を観るならあいさつよりもまずはこの単語。どれも愛・恋・愛情の意味。
映画のタイトルにもよく使われている。
映画内で愛を告白する時はちょっと気取って‘I love you.’の方が多いかも。
shaadii シャーディー 結婚。これもインド映画必須単語。
namaste ナマステ あいさつ全般に用いられる。こんにちわ、さようなら、など。インド人に会ったらまずはナマステ。
ただ、映画に出てくるような若い人はhelloやhiを使うことも多く、年配の人と会った時など、ちょっとあらたまった感じで使われたりする。
salaam サラーム イスラム教徒の人とのあいさつ。こんにちわ、さようなら。
jii haan ジー ハーン はい、yes。ジーだけなら、あいづちにも。ハーンだけだとちょとぞんざいな感じ。
jii nahiin ジー ナヒーン いいえ、no。ナとネの中間の感じで聞こえる。否定する時はとりあえずナヒーンを使う。
(bahut) acchaa (バフット)アッチャー (すごく)良い、(very) good。ごはんおいしかった?アッチャー。映画どうだった?アッチャー。何にでも使える。
ナマステ以外にヒンディー語を一語だけ覚えていくのだったらこの単語。
良くない、ならアッチャー ナヒーンと言えばよい。
koii baat nahiin コイ バート ナヒーン no problem。インド人のこの言葉には要注意。
本当に問題がない時と、問題はあるけれど、まぁ気にするなという時もある。
shkriya,dhanyawaad シュクリヤー
ダンニャワード
ありがとう。ダンニャワードは飛行機の中などで聞くことができるが、ちょっとぎょうぎょうしいかも。
映画や日常ではthank youがよく使われる。
thiik hae ティーク ハエ ok。音ではティーケッ。頭をちょこんとかしげながら言うことも多いが、このポーズは日本ではnoだがインドではyes。
deekhoo デコ 見ろ。ねぇ、などのちょっとした相槌にも。丁寧に言うならデキエ。
sunoo スノ 聞け。ちょっと聞いて、などの相槌にも。スノより丁寧なスニエはお店で店員を呼ぶ時によく使う。必須。
manzuur マンズール ok、了解
zaruur ザルール ザルール? ザルール= きっとね? もちろんさ。
sac サッチ サッチ? サッチ=マジに? 本当だよ。
bas バス おかわりは?おなかいっぱいでもう十分の時にバス。
彼女とケンカ、口論をしかけてくる相手に、止めてくれ、もう沢山だのバス。
paagal パーガル ばーか、と軽い感じで使われることと、頭がおかしくなってしまうくらい相手が好きだという意味で使われることも多い。『Dil to paagal hai』心狂って。
diiwaana ディワーナー 映画では狂ってしまうくらい相手に夢中の状態。
sanam サナム 元は偶像の意味だが、愛しいあなたという感じで用いられる。
cuum チュム キス
cup チュプ 黙って
zinda-baad ズィンダー・バード 万歳。インド愛国映画などでよく使われている。
eek minute エーク ミニット 1分。ちょっとだけ待って。
matlab マトラブ 意味。つまり・・。kyaa matlab? どういうこと?mera matlab・・,つまり・・、言い訳の時に。
kyaa huaa?
kuch nahiin.
キャー フアー?
クチュ ナヒーン.
どうしたの?何でもないわ。
choor doo チョール ドー (彼が彼女の腕をつかむ。彼女は)離してよ!
muje maaf kar doo ムジェ マーフ カル ドー 私を許して。丁寧に言うならカル ドーのところをカル キジエーに。
muje kyaa karuun? ムジェ キャー カルーン? 私、どうしたらいいの?
liye リエ 〜のため。aap ke liye(アープケリエ),tere liye(テレリエ)=あなたのために、mere liye(メレリエ)=私のために。
larkaa,larkii ラルカー,ラルキー 少年、少女。というよりもニュアンスとしてはオトコ、オンナ。
dil,man ディル,マン どちらも心。『dil se』心から。

5W1H
kyaa:キャー(what)
kaun:コオゥン(who)
kahaan:カハーン(where)
kab:カブ(when)
kyon:キョウン(why)
kaisaa:ケサー(how)


もっとヒンディー語を学びたくなったらこちらへ。
サリーの着付けやインド料理も教わることができます。

グローバル・ヒンディー・モニカ