私の好きなインドネシアスマランとその周辺ラワン・セウ

<<前のページ 次のページ>>

mixiチェック ツイート

ラワン・セウ

ラワン・セウ
 スマランの中心通り Jl. Pemuda の西端に位置する建物「Lawang Sewu(ジャワ語で千の扉の意味)」 オランダ統治時代(1913年)に建設。
 外側に向けて、多くの扉を持つ奇妙な建物。現在(2003年9月)は空家となっており、貴重な文化遺産ながら、維持管理ができず問題となっているらしい。
The Jakarta Postの記事 ▼▼▼ 現在リンク切れ ▼▼▼
Historical building awaits attention (2003/08/30)
▲▲▲ 現在リンク切れ ▲▲▲

 なお、この建物は当初 蘭印鉄道会社のために建設されたとのこと。今はなんの痕跡もとどめていないが、このビルの前をトラムが走っていたらしい。

【参考】
SEMARANG ON PHOTOS
 スマランの昔の写真を掲載しているサイト。ラワン・セウの前を走るトラムを撮影した写真が掲載されています。

↑ページ最上部へ



前のページへスマランとその周辺:Index Pageへ次のページへ
Copyright © 1997-2018 Dien
このページは著作権上の保護を受けています。このページの画像・文章・音声等のいかなる部分も、著者の許諾を得ずに、電子的・機械的に複写・複製・転載することを禁止されています。

[スマランとその周辺 へ戻る]

[私の好きなインドネシアへ戻る]