私の好きなインドネシアスマランとその周辺

mixiチェック ツイート

スマランとその周辺
中部ジャワ州の都市スマランとその周辺を紹介

[スマラン市内]


Mark青年の塔
2008年06月02日更新
Markラワン・セウ
Markドゥビヤ・プリ・ホテル
Markメトロホテル前のサリム通り
Markコロニアル・バンク
Mark大覚寺
Markドームの教会
Markセント・ジョセフ教会
Mark中部ジャワ州博物館
MarkNgesti Pandowo
Markプリ・マエロコチョ
Markグドゥン・バトゥ
Mark魔神 ラクササ
Markジャムー・ジャゴ博物館
Mark鎮魂の碑
Markスマラン上空
Markアーマド・ヤニ空港
Markタワン駅
Markポンチョル駅
Mark砂糖黍ジュースの屋台
Markルンピア・スマラン
Markウィンコ・ババット
Markアヤムゴレン「オヨン」
Markトコ・オウン
Markバンデン・プレスト
Markアポカド
Markスマランいろいろ情報

まったく個人的な興味
Markカルティニとマタハリ
青年の塔とラワン・セウ
「青年の塔(Tugu Muda)とラワン・セウ(Lawang Sewu)」

News:スマラン アーマド・ヤニ空港が国際空港へ
The Jakarta Postの報道によれば、2004年8月からアーマド・ヤニ(A.Yani)空港が国際空港として認可されたそうです。滑走路の拡張工事や入出国管理関係の施設も必要となるでしょうが、ガルーダは年内にシンガポール線を就航させたい、という意向も示しているらしい。
これで国際都市の仲間入りか?スマラン。(2004/09/01)

地図
 スマランは中部ジャワ州の州都で、インドネシアの5大都市(他の4都市はジャカルタ、スラバヤ、メダン、バンドン)の一つと言われています。商業都市として性格が強く出ている町です。(人口は約120万人:1990年)

 歴史的には1547年までさかのぼることができる古い町で、オランダの植民地時代に交易港の一つして栄えてました。

 あんまり「観光地」という町ではないのですが、喧騒のジャカルタに住んでいるとこういった地方都市へくる度にホッとしたものです。

 ホテルでノンビリしながら、適当に街中を歩きまわり、そして近くの遺跡(Gedong Songo)へ行くのを楽しみました。州都とはいえ、街中のかなりの部分をを徒歩で見てまわることができます。ここいらへんも、広がりすぎたジャカルタでは不可能な町歩きの楽しみです。

↑ページ最上部へ


[スマランの周辺地域]

  • グドゥン・ソンゴ(Gedong Songo)
    Gedong Songo
    スマランから南へ自動車で約1時間半。Ungarang山の中腹に点在する寺院遺跡です。詳しくは、ジャワの寺院のページでどうぞ。
    ボロブドゥール、プランバナンとジャワの寺院グドゥン・ソンゴ
  • ジェパラ(Jepara)
    カルティニ(Kartini)
    スマランから北東へ、自動車で3時間ほど。カルティニ(Kartini)の生地として有名な町です。
    フォトギャラリーカルティニ博物館
  • クドゥス(Kudus)
    塔のモスク
    スマランから東へ自動車で約1時間半ほど。ジャワ・ヒンズー様式のミナレット(塔)を持つモスク(通称「塔のモスク:Mesjid Menara」)が有名。
    フォトギャラリークドゥスの塔のモスク
  • アンバラワ(Ambarawa)
    スマランから南へ自動車で約1時間。高地でスマランの避暑地として昔から開発されていた模様。あのマハタリも夫のジャワ駐在に同行し、この町に滞在していたらしい。(20世紀初めの話ですけどね)
    蒸気機関車の博物館
    アンバラワにある蒸気機関車の博物館は、鉄道ファンならば訪れてみたいスポット!
    蒸気機関車の博物館
↑ページ最上部へ

Copyright © 1997-2018 Dien
このページは著作権上の保護を受けています。このページの画像・文章・音声等のいかなる部分も、著者の許諾を得ずに、電子的・機械的に複写・複製・転載することを禁止されています。

[私の好きなインドネシア へ戻る]