私の好きなインドネシアスマランとその周辺ドームの教会

<<前のページ 次のページ>>

mixiチェック ツイート

ドームの教会

ドームの教会
 オランダ人によって1753年に建てられた教会。(1894に修復) Gereja Blenduk(blenduk:"ドーム"の意味)と呼ばれる。
正式名称は、GPIB IMMANUEL。GPIBは"GREJA PROTESTAN di INDONESIA bagian BARAT"(西インドネシアプロテスタント教会)の略。
中に設置されているオルガンは建設当初からのものと言われている。於:Jl.Letjen Suprapto (1995年5月撮影)

Update2003.10.31
改修されたドームの教会
ドームの教会:改装後
2002年から改修工事が行われたとのこと。
The Jakarta Post
 'Blenduk' church in Semarang celebrating its 250th year
 外装は綺麗に塗りなおされていました。おそらく、細かい傷も修復したのではないでしょうか。1995年撮影時の“くすんだ”印象からは一変しています。なお、残念ながらオルガンの修復は行われていない模様です。
(2003年10月18日撮影)
お詫び2003.09.14
このサイトを開設(1997年末)以来、この教会を「オランダ教会」と呼んできましたが、この名称は私の勘違いによるものでした。
インドネシア語でオランダのことを「Belanda」というので、「Geraja Blenduk」の「Blenduk」をオランダと勘違いしていたもの。
Update1999.05.10
 さる3月(99年)の滞在中、オルガンの写真を撮影してきました。もう音は鳴らないらしいのですが、外観は一応奇麗に保たれているようです。
Greja Blenduk のオルガン(ページ改装中です。少々お待ちください。)】

↑ページ最上部へ




前のページへスマランとその周辺:Index Pageへ次のページへ
Copyright © 1997-2018 Dien
このページは著作権上の保護を受けています。このページの画像・文章・音声等のいかなる部分も、著者の許諾を得ずに、電子的・機械的に複写・複製・転載することを禁止されています。

[スマランとその周辺 へ戻る]

[私の好きなインドネシアへ戻る]