私の好きなインドネシアスマランとその周辺グドゥン・バトゥ

<<前のページ 次のページ>>

mixiチェック ツイート

グドゥン・バトゥ

グドゥン・バトゥ:正面の門
正面の門

グドゥン・バトゥ
門をくぐったところ。境内、回廊?

 15世紀 明朝時代中国の鄭和(Cheng Ho)は東南アジアから中近東・アフリカに至る大航海を行った。彼はジャワ(スマラン)にも立ち寄っており、このグドゥン・バトゥは鄭和の寄港を記念して建てられたもの。
 中国寺風の造りではあるが、鄭和がムスリムであった事から、中国系インドネシア人のみならず、ジャワのイスラム教徒の来訪者も多い。(1995年5月)
※2003/09/26 更新:正面の門の写真を追加しました。

・ご参考:
 Kelenteng.com
 Klenteng(華人のお寺)に関するサイト。ジャワや周辺地域のさまざまな寺院を紹介しています。このグドゥン・バトゥや大覚寺も載っています。

↑ページ最上部へ



前のページへスマランとその周辺:Index Pageへ次のページへ
Copyright © 1997-2018 Dien
このページは著作権上の保護を受けています。このページの画像・文章・音声等のいかなる部分も、著者の許諾を得ずに、電子的・機械的に複写・複製・転載することを禁止されています。

[スマランとその周辺 へ戻る]

[私の好きなインドネシアへ戻る]