チルボンのバティック「Kereta Singa Barong」


mixiチェック 
チルボンのバティック「Kereta Singa Barong」私の好きなインドネシア
チルボンのバティック「Kereta Singa Barong」

向かい合わせに配置された怪物は、一般「ナーガ(Naga:竜、蛇の意味)」と呼ばれることが多いようですが、正式には「Kereta Singa Barong」(Kereta:車、SingaとBarongは共に獅子の意味)というものらしい。獅子の身体に羽と象の鼻をくっ付けた様な想像上の生き物です。
この格好の実物(台車にのったSinga Barong)がチルボン王宮(Kasepuhan宮殿)で一般に公開されています。
また、台車の下のうねうねとした模様は岩を表しており「Wadasan」と呼ばれるデザインです。更に、上空の雲は前ページの「雨雲(Mega mendung)」と同じモチーフです。

チルボンのバティック「雨雲」「Kereta Singa Barong」・「」・「海老 蟹 魚」・「クリシュナとパンダワ兄弟」・「スマールと息子達

写真提供:
(有)ケイ・カンパニー
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-2-7 萩原ビル301
Tel. 03-3576-8547
[このページの最初へ戻る][Index Page]
[<<前の写真] [次の写真>>]


◆更新:2012年02月2日 動画掲載@YouTube
Bayu Indonesia Air (B737)
Bouraq Airlines (B737)
Mandala Airlines (B737)
Pelita Air (Fokker-28)
Copyright © 1997-2018 Dien

[私の好きなインドネシア]