私の好きなインドネシア へ戻る

インドネシア(ジャワ)の鉄道に乗る


私の好きなインドネシア - インドネシアの鉄道に乗る

概況


列車のクラスチケットの入手方法路線概略図時刻表について


★ チケット(乗車切符)
このセクションは2006年05月25日に記述を更新しました。
チケット(Argo Muria)チケット(乗車切符:インドネシア語で"karcis")のサンプルを貼り付けておきます。右側のイメージは、2002年10月にArgo Muriaに乗車した際のもの。Eksekutifクラスのチケットです。横幅は約16cmに達しますので、結構大きい切符といえましょう。

Bisnisクラスのチケットも上記のEksekutifクラスとほぼ同じ大きさ・デザインとなってます。エアコンがないとはいえ、座席は指定ですから、同じレイアウトの切符となるのは当然かもしれません。

Ekonomiクラスのチケットについては、どんな形なのかわかりません。今度、Ekonomiなら(乗らなくても(^^ゞ)切符だけでも買ってみてもよいかもしれません。
★ 購入方法
このセクションは2006年05月25日に記述を更新しました。
切符の買い方ですが、国鉄公式サイトを見ると、駅で購入する以外にもいくつか方法があるようです。

PT. Kereta Api外部サイトのページへリンクしています
「Info KA」のセクションを参照。銀行のATMを使った支払方法などが紹介されています。

しかし、筆者が経験しているのは、駅のチケット売場(インドネシア語で"loket")窓口で直接購入する方法のみです。(旅行代理店に購入をお願いしたこともありますが。)
購入する上での手順・留意点を挙げておきましょう。(当然のことながら、Eksekutifクラスのチケット購入についてです。)

指定席(Eksekutifなど)の乗車券は乗車する7日前から購入できるらしい。当日売りは、混んだ窓口で並ぶ必要があるかもしれないので、できるだけ前もって購入するのが無難でしょう。
なお、私自身は当日売りで乗車券を購入したことはほとんどありません。
乗車券(Argo Wilis)指定席(Eksekutifなど)乗車券は、乗車駅でなくても購入できましたが、これについては、「乗車駅でしか購入できない」(*1)と現地の旅行代理店で言われたこともあり、要注意でしょう。なお、右のイメージは、スラバヤPasar Turi駅で発券・購入したバンドゥン始発の列車Argo Wilisの乗車券です。
*1:Kompas Onlineの記事を見ていたら、Ekonomiクラス列車が発着する駅では、Eksekutifクラスの乗車券を購入できない、という記事がありました。
▼▼▼ 現在リンク切れ ▼▼▼
Penumpang KA Eksekutif Yogya-Jakarta Turun 40 Persen (2003/06/05)外部サイトのページへリンクしています
▲▲▲ 現在リンク切れ ▲▲▲
例:Yogyakarta Tugu駅発着のArgo Lawu/TaksakaといったEksekutifクラス列車の切符は、Lempuyangan(YogyakartaのEkonomiクラス発着駅)では購入できないらしい。これについては、予約端末を用意できれば、なんとかなるのではと思います。記事の中でも、国鉄側はサービス向上の一環として将来対応する、としていました。

乗車券購入申し込み書駅の購入窓口へは、まず所定のフォーマットの「申し込み書」に記入して予約・発券を依頼します。
係員が予約端末でチェックし、購入を希望する列車の座席が空いていれば、その場で予約・発券・支払いとなります。なお、支払いでクレジットカードが使えるかどうかは不明です。私はいつもRp.現金払いです。(旅行中はできるだけクレジットカードを使わないようにしているので。)
ジャカルタGambir駅で使われているサンプルを右に貼り付けておきます。英文併記なので記入に当たって迷うことはないでしょう。申し込み書は、切符を購入する駅の窓口に置いてあるはずですので、探してみてください。
なお、この申し込み書は予約(前売り)乗車券を購入する際に記入するものです。当日売りでは、どうなっているのか不明。

例外なのかもしれませんが、北スマトラのメダン駅やシアンタール駅で当日売りの切符(EksekutifやBisnis)を購入した際には、申込用紙不要でした。駅の窓口で列車名を告げて切符をお願いし、代金を払うだけで購入しています。ジャワの駅も当日売りは同じかもしれません。
さて、駅の切符売り場ですが、地方駅は空いているものの、ジャカルタのGambir駅は、混んでいることが多いです。
また、バンドゥン行きのArgo Gede/Parahyangan号やチルボン行きのCirebon Expressといった本数の多い中距離列車の切符はダフ屋に買い占められていることも多く、切符売り場に行くと必ず声をかけてくる人たちがいます。
時間と費用に余裕があるのならば、旅行代理店に購入を依頼するのも手でしょう。私自身は、Gambir駅で切符を購入するのは、あまり気が乗りません(^^ゞ。
上で、Gambir駅の当日チケット売り場の写真を貼り付けていますが、予約チケット売り場のほうも(長蛇の列にはなってませんが)混んでいます。声をかけてくるダフ屋も多い。
週末や繁忙期
長期休暇(断食明けのお休み)や週末などは、切符が早めに売り切れになるケースが多いようです。ダフ屋もかき入れ時なのでしょう。そういった時期に乗車を考えている場合はご注意を。
防犯
あと、駅とその周辺ではスリ・置き引きといった盗難にも気をつけてください。昔、知人が、Gambir駅正面の駐車場でスリにやられそうになったことがあります。幸い、未遂に終わりましたけど。

前のページへ列車のクラス 路線概略図次のページへ
↑ページ最上部へ
Copyright © 1997-2018 Dien

私の好きなインドネシア