私の好きなインドネシア へ戻る

インドネシア(ジャワ)の鉄道に乗る


私の好きなインドネシア - インドネシアの鉄道に乗る

乗車レポート


乗車レポート:目次 - 2005/05/19 Rajawali(ラジャワリ):スラバヤ→スマラン


★ 乗車レポート:2005/05/19 Rajawali(ラジャワリ):スラバヤ→スマラン
乗車年月日 2005年05月19日(木)
列車名/始発→終着 Rajawali(ラジャワリ)/スラバヤ→スマラン
乗車駅 スラバヤ(Surabaya)パサール・トゥリ(Pasar Turi)駅
降車駅 スマラン(Semarang)タワン(Tawang)駅
シート/料金 Eksekutif/Rp.75,000 (約¥882:Rp.85/¥)
乗車駅発車時刻/(予定時刻) 13:35/(13:35)
降車駅到着時刻/(予定時刻) 18:05/(17:52)
補足 料金の換算レートは乗車時期のもの。
「(予定時刻)」は時刻表掲載のもの。

・レポート本文


Surabaya Pasar Turi駅に入線し、停車中のRajawali。

このRajawaliは2003年の5月に導入された新しい列車です。全席Eksekutifクラス。Semarang と Surabayaの間を毎日1往復。運賃はRp.75,000(¥882. Rp.85/¥)です。

なお、導入当時の新聞記事を再度チェックしてみたのですが、当時の運賃はRp.100,000となってました。今より高いです(^^ゞ。やっぱり高すぎたんじゃないでしょうか。現在の運賃は25%値下げですね。スラバヤ-ジョグジャカルタ間を往復しているSancakaの運賃(Eksekutif)がRp.70,000(2005年5月18日時点)ですから、まあ、現在の運賃で妥当なところかなと思います。

編成は、Eskekutif車両×4~5(正確な数確認せず)で、真ん中に食堂車を挟む格好です。この他に発電車両があったはず。


ラジャワリ号車内:装備は、エアコン、リクライニング・シート、車内ビデオ といった具合でArgoシリーズとほぼ同等です。

車両は比較的新しい。まだシートもそれほどヨレてはいない。窓ガラスも、ところどころ投石の後と思われる傷があるもの、視界は良好であり、スマランまでの道中 車窓の眺めを楽しむことが出来ました。(この前日に乗ったSancakaの窓ガラスは、傷だらけで、視界極めて悪し)

なお、車内TVでは映画(米国映画だと思う。題名分からず)を上映。ヘッドフォンはないので、車内のスピーカーからの音声を直接聞くことになる。しかし、速度が上がってくると騒音が酷く、ほとんど聞き取れない。

以下時間順に記述しておきます。なお、通過駅は下記の他にも沢山あるはずですのでご了承ください。駅名をチェックできたものだけ記載します。

13:20 RajwaliがPasar Turi駅に入線。(上の写真)
13:35 発車。(予定時刻13:35通り) 私が乗った4号車は、ほぼ満席。
13:40 車掌が検札に来る。その際に「後ろのほうの車両はガラガラだから移っては」と乗客たちに伝えていた。おかげで相当数の乗客が去り、2~3割の入りとなる。途中で乗車する客はいないのだろうか?
14:00 お昼を軽くしか食べていなかったため腹が減る。食堂車の係員が運んできた料理の中からBistik(インドネシア風ビフテキ:下の写真)を購入。(値段失念。Rp.15,000くらいだった)

わりとしっかり作ってあり、感心した(^^ゞ。
14:40 Babat駅通過。
14:50 Baureno駅通過。
15:10 Bojonegoro駅停車(*)。乗降客の有無については不明。
15:40 Tobo駅通過。
15:46 Cepu駅停車(*)。乗降客の有無については不明。
16:30 Doplang駅通過。
16:36 Sulur駅通過。このあたりで、走行中 車体(シャーシー部)が軋むような音がしばらく続く。
16:48 Kradenan駅停車。Argo Bromoとすれ違うためと思われる。
17:06 Jambon駅通過。
17:19 Ngrombo駅通過。
18:05 スマラン Tawang駅着。(予定では17:52)

*印:Bojonegoro, Cepu駅は、PT.KAIのページでも停車駅として記載されています。しかし、お客の乗降は、ほとんど全くなかったのでは。。。

さて、Rajwaliの客車はArgoシリーズとほぼ同等でしたが、水や菓子パンの配布といったサービスは一切省かれていました。全て食堂車や停車駅の物売りから購入することになります。何も出てこないEksekutifクラスというのは初めてです。私個人としては、これでも全く問題はありませんけど。

それから、復路(スマラン->スラバヤ)の車内で知ったことですが、食堂車は国鉄(PT.KAI)とは別会社が運営していました。食堂車の様子を復路のレポに掲載しています。

▼▼▼ 2012年01月09日追加 ▼▼▼

(1) Pasar Puri駅に停車中のRajwali(撮影は2003年10月)
動画(WMV形式)

(2) Pasar Puri駅を発車するRajwali(撮影は2003年10月)
動画(WMV形式)

▲▲▲ 2012年01月09日追加 ▲▲▲


復路(スマラン->スラバヤ)へ
↑ページ最上部へ

乗車レポート:目次 - 2005/05/19 Rajawali(ラジャワリ):スラバヤ→スマラン
Copyright © 1997-2018 Dien

私の好きなインドネシア