私の好きなインドネシア へ戻る

インドネシア(ジャワ)の鉄道に乗る


私の好きなインドネシア - インドネシアの鉄道に乗る

乗車レポート


乗車レポート:目次 - 2005/03/12 Dolok Martimbang(ドロック・マルティンバン):メダン→シアンタール


★ 乗車レポート:2005/03/12 Dolok Martimbang(ドロック・マルティンバン):メダン→シアンタール
乗車年月日 2005年03月12日(土)
列車名/始発→終着 Dolok Martimbang(ドロック・マルティンバン)/メダン→シアンタール
乗車駅 メダン(Medan)駅
降車駅 シアンタール(Siantar)駅
シート/料金 Bisnis/Rp.20,000 (¥233:Rp.86/¥)
乗車駅発車時刻/(予定時刻) 10:20/(10:20)
降車駅到着時刻/(予定時刻) 13:00/(13:14)
補足 料金の換算レートは乗車時期のもの。
「(予定時刻)」は時刻表掲載のもの。

・レポート本文

Dolok Martimbangは全席Bisnisクラスのみの編成。ビジネスクラスに乗車するのは初めての経験でした。

メダン駅からシアンタール駅を約3時間で結びます。シアンタールはトバ湖近くの町。トバ湖へ行く観光旅行者も若干乗っているようでした。

※メダン駅についての情報は、2004年10月時のレポートを纏めた次のページをご覧ください。
2004年スマトラ“装甲”列車の旅メダン駅

メダン駅1番線に停車中のDolok Martimbang(先頭の機関車)
メダン駅1番線に停車中のDolok Martimbang(先頭の機関車)

10:10頃乗車開始。下の写真、乗降用階段の横で黒のブレザー&スカートを着ている女性(二人)は食堂車の係員。
乗車開始

車内
車内。座席は一応指定。エアコンは無し。天井に扇風機が付いてます。

乗車したDolok Martimbang の編成は、Bisnisクラスのみ3両。他に食堂車が連結されており、合計4両の列車をディーゼル機関車が牽引します。

乗客は少なく空いてました。2~3割の乗車率だったのでは。

メダンで利用したタクシーの運転手の話では、Medan-Siantarを結ぶエアコン付きのバスがあり、料金が片道Rp.15,000くらいとのこと。これでは、エアコンなしの列車は競争力ありません。タクシー運転手は『Siantarへ行くならバスの方がエアコン付きで、しかも安い! なんで列車なんぞに乗るんだ?』というニュアンスの話しぶりでした。


シートは前後にスライドし、向かい合わせのボックス席のようにすることも可能。上の写真は私の横に座ったご一家(ご夫婦と子供3人)。Siantarまでの道中、ずっとお喋りをさせてもらいました。

以下時間順に記述しておきます。通過駅については、下に書いた以外にもあります。国鉄のサイトに駅の一覧がありましたので、最後に添付しておきます。

10:20 ほぼ時刻通りにメダン駅を発車。
10:25 Medan Pasar駅(メダン市内)に停車。おそらく、この駅でも乗客が乗った模様。
10:30 食堂車(Kereta Makan)の係員が料理・飲み物の注文を取りに来る。この後Siantar到着まで、注文・配膳・お勘定といった用事で食堂車の係員が頻繁に車内を行き来していました。
なお、Eksekutifクラスとは異なり、飲み物やスナック類の無料サービスはありません。欲しければ、食堂車の係員に有料で注文となります。列車の揺れが凄いので、私は何も注文しませんでした。あれだけ揺れる車内でよく食べるな~と思います。例えば、ナシ・ゴレン(炒飯)だったら、皿からスプーンで口に運ぶ途中、ほとんど飯粒がこぼれそう(^^ゞ。
どれくらい揺れるかというと、飛行機で『ただ今、気流の悪い場所を飛行しています。云々』というアナウンスが流れ、シートベルト着用のサインが出るときと同じくらいでしょう。そういった揺れが、ほとんどずっと続きます。
10:50 Medan Pasar駅から乗り込んできたのか? 流しの一団(pengamen)が登場。バイオリン(一人)・ギター(二人)・歌い手(二人)くらいだったか。Siantarまでの道中、3両編成の最初から最後まで演奏しながら3~4往復していました。まわりの乗客を見ていると、連中にRp.1,000を渡したり、渡さなかったり。自分の席の近くに来る度にお金を渡していたのでは、たまりませんからね。。。。私はRp.1,000を2回渡しました。不思議なのは、車掌が彼らの切符をチェックしているようには見えないこと。いったいどうゆう関係なんでしょう。(もちろん、Eksekutifクラス~この列車に連結されていませんが~には流しの一団はやってきません。)
10:55 車掌が切符の確認を行う。なぜか、切符をそのまま持っていってしまった。。。
11:10 Lidah Tanah駅通過。
11:21 Teluk Mengkadu駅通過。
11:35 Bamban駅通過。
11:46 Tebing Tinggi駅着(時刻表通り)。昨年10月にSri Bilah Utama号で停車した際と同様、駅の物売りが大勢乗り込んでくる。ドドール(練り菓子)、ナシ・プチャル、アヤム・ゴレン、アクアなど。車内は乗客が少ないので、完全に売り子の方が多い。
2004年スマトラ“装甲”列車の旅Sri Bila Utamaに乗る
11:51 Tebing Tinggi駅を出発(時刻表通り)。
12:33 Dolok Merangir駅通過。
13:00 Siantar駅着(時刻表では13:14)。

揺れが凄かったのと、エアコン無しで暑かったため、だいぶ体力を消耗しました。
それから、まわりの乗客とお喋りできたのは楽しかったのですが、車内は騒音が凄まじく、常にデカイ声を出さざるを得ず。これも疲れました。エアコン無しなんで、窓は開けっぱなし。車外の走行音が、そのまま車内に入ってくるため、なかなか話し声が聞えません。

北スマトラ鉄道の揺れ方の凄さなどジャワの鉄道との差異については、次のページに纏めています。
2004年スマトラ“装甲”列車の旅Sri Bilah Utamaに乗る(1/2)


◆列車の名前:"Dolok"とは、バタック語で「山」のこと。Martimbang山(約1,500m)というのがあるらしい。しかし、まだ地図上で見つけてません。

◆Medan - Siantar 間の駅一覧

・Medan
・Batangkuis
・Araskabu
・Lubuk Pakam
・Lidah Tanah
・Teluk Mengkudu
・Rampah
・Bamban
・Rambutan
・Tebing Tinggi
・Bajalinggei
・Dolok Merangir
・Siantar

以前、国鉄のサイト(http://www.kereta-api.com/petakota.html外部サイトのページへリンクしています)に上の地名を記載した地図があったのですが、現在リンクを辿れません。確認したら、またurlをアップします。

2012/01/29追加

メダン駅を発車していくPutri Unguの動画を掲載しておきます。MedanとTanjungbalaiを結ぶBisnesクラス列車です。この翌日(3/13)に乗車を計画していましたが、実行を見送ったものです。

YouTubeで再生メダン駅を出発する列車Putri Ungu

Bisnesクラスは思ったより疲れました。

復路(シアンタール->メダン)へ
↑ページ最上部へ

乗車レポート:目次 - 2005/03/12 Dolok Martimbang(ドロック・マルティンバン):メダン→シアンタール
Copyright© 1997-2013 Dien

私の好きなインドネシア