私の好きなインドネシア へ戻る

インドネシア(ジャワ)の鉄道に乗る


私の好きなインドネシア - インドネシアの鉄道に乗る

乗車レポート


乗車レポート:目次 - 2003/10/19 Argo Bromo Anggrek(アルゴ・ブロモ・アングレック):スマラン→スラバヤ


★ 乗車レポート:2003/10/18 Argo Bromo Anggrek(アルゴ・ブロモ・アングレック):スマラン→スラバヤ
乗車年月日 2003年10月19日(日)
列車名/始発→終着 Argo Bromo Anggrek(アルゴ・ブロモ・アングレック)/ジャカルタ→スラバヤ
乗車駅 スマラン(Semarang)タワン(Tawang)駅
降車駅 スラバヤ(Surabaya)パサール・トゥリ(Pasar Turi)駅
シート/料金 Eksekutif/Rp.125,000 (約¥1,786:Rp.70/¥)
乗車駅発車時刻/(予定時刻) 15:40/(14:56)
降車駅到着時刻/(予定時刻) 19:00/(18:29)
補足 料金の換算レートは乗車時期のもの。
「(予定時刻)」は時刻表掲載のもの。

・レポート本文

 スマランへの列車の到着が遅延。

 ジャカルタ始発ですので、スマランへ着くのが遅れるのは仕方ない点もあるのですが、定刻の14:56に対して15:40着、と約40分の遅れ。おまけに、Eksekutifクラスの列車が入線すべき1番線(ホームが乗降し易いように高くなっている)にはスマラン始発のArgo Muriaが先に入線しているため、Argo Bromo Anggrekは2番線へまわされてしまいました(^^;。
 おかげで、荷物をかかえ、1番線に停まっているArgo Muriaを迂回しながら2番線へ回るはめに!!!

 そして、2番線へ行ってみると『客車の乗降口とホームの段差を埋める階段が足りない』ときました。ところどころの車両では、乗客が飛び乗るようにEksekutifクラス車両の手すりにつかまりながら、登っていきます。幸いわれわれの乗車する車両には階段が用意されており、なんとか楽に上がることができましたが。。。いや~やはりここはインドネシアです。

 さらに、乗車してみたら、われわれのシートは空いてはいたのですが、ジャカルタ→スマラン間で既に誰かが使っていたかのような状態。つまりシートカバーはずれており、枕もどっかに行っていた。

 列車は始発駅(もしくは始発駅近くの駅)からの乗車が気分的によさそうです。


往路(スラバヤ->スマラン)へ戻る
↑ページ最上部へ

乗車レポート:目次 - 2003/10/19 Argo Bromo Anggrek(アルゴ・ブロモ・アングレック):スマラン→スラバヤ
Copyright © 1997-2018 Dien

私の好きなインドネシア