私の好きなインドネシア へ戻る

インドネシア(ジャワ)の鉄道に乗る


私の好きなインドネシア - インドネシアの鉄道に乗る

概況


列車のクラスチケットの入手方法路線概略図時刻表について


ジャワ島北スマトラ

★ ジャワ島の鉄道路線について
ジャワ島:地図
上の地図は概略図ということでご了解ください。実際に乗車した経験や地図を元に描いたものです。
Bogor - Sukabumi間は線路はあるもの、実際に運行されているのか不明。
上の地図で描いた線路の他にもさまざまな支線があり、実際にどうなっているのはよくわからない。
例えば、インドネシア鉄道史(このサイト内)で記述のあるJuwana経由のSemarang - Surabayaを結ぶ路線は地図には乗っているものの、列車の運行はされていない。(ということで、上の地図には線路を記載していません。)
実際に乗ってみて、わかったらまた追加・変更します。
◆2003年9月12日:PT.Kereta Apiのサイト内に路線図が公開されました。
トップページから、[Jadwal & Tarif]を選んだら、ページ下部の[Sitemap]の中の「Peta perjalanan」を選ぶと表示されます。

◆2004年5月5日:ペンネーム「BB301」さんから追加情報をお寄せいただきました。ありがとうございました。(掲載が遅くなりましたことお詫び申し上げます。2004/07/26
 こんにちは、BB301です。新たなる現地の情報を実地体験で仕入れて来ました。

(2003.9.8)先ずPurwosari~Wonogiri間には旅客列車が有ります。但し1往復だけです。P7:30発→W11:00着の972列車とW14:30発→P16:20着の971列車です。何とディーゼル機関車(BB300)+客車1両(K3)だけの編成でした。

私はW駅まで車で行き、帰りの列車に乗車しました。乗車率は50%位でした。ちょうど中間辺りに在るSukoharjo駅で小休止。列車を撮影していると乗務員が「運転席に乗っても良いよ」とのことでW駅まで乗車させて頂きました。住宅密集地の間を抜けて走る所はスリル満点でした。

Solo市内の道路との併走区間では交番に詰めている警官が笛を吹いて交通整理!列車は30km/h位のゆっくりとした速度で優先通行して行きました。また併走区間の中程、Hotel Danaの近くに歩道橋が在るのを確認し、後日(9.12)ここから撮影をしました。

歩道橋のP駅側には大きな広告板が取り付けられていますので、朝の972列車を撮影するのはチョッと難しいと思います。しかし帰りの971列車を撮影するには光線状態も含めて申し分の無い所でして、少なくとも2kmくらい先から列車の姿が見えて来ます。ビデオも良し、スチールも良しでカメラを2台以上用意されて撮影に出掛けられることを望みます。

(2003.9.10)Yogyakartaの西方に在るKutoarjoからも北東のPurworejoへ向かってローカル線が存在します。こちらも前者と同じくディーゼル機関車+客車1両だけの編成でした。しかし旅客輸送は3往復有ります。但し最初の2往復は早朝で、K4:00発~省略~K7:55着です。2往復目のK6:50発→P7:15着7576列車とP7:30発→K7:55着の965列車の乗車や撮影は何とか出来るでしょう。

私は最終の3往復目の列車に乗車しました。K16:30発の966列車なんですが、乗車券売場では「乗車券が発券出来ない」とのこと。「そんな馬鹿な!」と思いつつプラットフォームへ行くと、お目当ての列車は既にスタンバイ。しかし客車の中に乗客の姿は全く見られず。

Kutoarjo駅へ日本人が来たのが珍しいのか?暇な現地の人は皆近寄って来ます。列車を撮影し、そして周囲の人を写す振りをするだけで大笑いでした。ここでもまた乗務員の粋な計らいで機関車に添乗となりました。ところで件の乗車券は!?

涼しい風を受けながら田園地帯のほぼ直線のレールを走ること25分。16:55にP駅へ到着しました。すると駅では列車を待っていた人がホームに鈴なり!到着するや否や座席確保に必死の形相でした。機関車に乗っていて良かった!実は966列車は回送列車だったのです。折り返しの18:00発967列車(K18:25着)を撮影した後、先回りで待たせていた車でYogyakartaへ戻りました。

レポートは以上です。これで不明な部分がほぼ100%解明されたと思っています。

◆2003年8月19日:ペンネーム「BB301」さんから情報をお寄せいただきました。ありがとうございました。
 初めまして、BB301と申します。先ずPasuruanは手持ちの地図によりますと人口10~50万位の都市です。先月、東ジャワを訪問した際にそこで宿泊しました。ところで鉄道旅客営業を開始するに当たっては採算を考えると先ず近くの都市とを結ぶのが手っ取り早い方法ですね。日本で言えば新橋~横浜や大阪~神戸みたいなものでしょう。ですからPasuruanに重要な施設云々は関係が無いかと思われます。

それとSemarang~Bojonegoroのジャワ海側路線ですがKereta・ApiのHPで営業路線を確認した処、東寄りのJatirogo~Bojonegoroの区間だけは営業をしているようです。それとBogor~Bandung間は営業している表示がなされています。但し営業路線とは言いましても貨物輸送だけかも知れません。

Solo Balapan駅の一つ西よりのPurwosari駅から南東のWonogiri駅まで約35kmのローカル線が在ります。Solo市内では車道と歩道の間を3.5kmくらいに渡ってレールが敷かれているのですが旅客営業をしているのかどうかがサッパリ解かりません。分岐駅のPurwosari駅へ行ってみないと何とも言えないのが正直な処です。

★ 北スマトラの鉄道路線について
北スマトラ鉄道路線概略図
上の地図は概略図ということでご了解ください。実際に乗車した経験や地図を元に描いたものです。なお、スマトラ島の鉄道路線は「北スマトラ」「西スマトラ」「南スマトラ&ランプン」の3箇所に分断されており、線路は繋がってません。
現在、列車が運行されているのは、太い線の部分のみ。細い線の箇所「Medan - Belawan」や「Binjai - Lhokseumawe - Banda Aceh」は、地図上に線路の印はあるものの、列車の運行はない模様です。(メダンの駅員やホテルマンに聞いた話による)
また、上の図で描いた線路の他にもさまざまな支線が地図には記載されていました。
筆者が乗車したことがあるのは次の路線。
Medan - Pematangsiantar:列車Dolok Martimbang(乗車レポート参照)
Medan - Rantauprapat:列車Sri Bila Utama及びKinantan(旅行記参照)
実際に乗ってみて、わかったらまた追加・変更します。

前のページへチケットの入手方法 時刻表について次のページへ
↑ページ最上部へ
Copyright © 1997-2018 Dien

私の好きなインドネシア