[KRISMONのジャワを行く:目次]

◆ #08 体調を崩す
  KRISMONのジャワを行く(私の好きなインドネシア)


 3月11日(木)

◆早朝から下痢(^^;

 朝03:00に突然やってきました。
 こうなると止まりません。10~30分おきにトイレへ。
 これでは09:00 の列車に乗るのは不可能か、、、とも一時は覚悟を決めましたが、薬(現地調達のイモディウム)を飲み、夜明けまでにはなんとか我慢できるくらいまでに回復。8時過ぎにチェックアウトし、駅に向かう事にします。

◆旅行代理店のR嬢に偶然再会

 ホテルのレセプションでチェックアウトしていると、横の方から私の名前を呼ぶ声が...下痢で幻聴(^^;なわけはない。なんと、Skyline の1Fに入っていた旅行代理店T社の担当R嬢である。前回(3年前) 渡航の際には、いろいろとお世話になっていたのだが、今回すでに事務所はSkyline になく、こんなところで再会するとは。あまり時間がないので簡単に立ち話しかできなかったが、別の旅行代理店に移って元気にやっているとのこと。今日もツアーの添乗でバンドゥンへ来たらしい。名刺を渡し、私は駅へ向かうタクシーへ乗り込んだ。

◆ガマン(~_~;)のParahyangan号

 8時半すぎに駅に到着。列車は来ているので早速乗り込む。後は、ジャカルタへ着くまでひたすらガマンなのである。助かったのは、トイレが随分と奇麗になっていたことでしょうか。それからパラヒャンガン号の内装が随分と奇麗で、往路で使ったアルゴゲデに比べてなんら遜色ない。
 11時35分頃(予定では50分)にはガンビル駅に到着。

◆ホテルで休む

 こうなってしまっては、もうどうしようもない。今夜はSさん&Nさんと食事の約束なので、ひたすら休み、体力の回復・温存に努めるのでした。残念ながら食欲は全くない。なお、この日は結局回復せず、夕食も1時間ほど同じテーブルについただけでホテルへ退散した。

 3月12日(金)

◆医者へ行く

 今夜のフライトで日本へ帰るのだが、明け方になってもいっこうに良くならない。なんとかガマン(コントロール)は出来るのだけど。覚悟を決め、医者へ行くことにする。行き先は駐在中何回か足を運んだメディカロカ(Medika Loka :日本人駐在医師がいる)である。朝一番で電話予約を入れ、診てもらいました。診断結果は「腸炎」。薬も出してもらい、「成田の検疫でも特に問題になりませんよ」と元気つけてもらう。(しめてRp.250,000 なり)
 すこし元気が出たので、本屋・食品など若干の買い物をしてホテルに戻り、あとはひたすら夕方まで休みました。

◆帰国

 フライトは9時発。6時にタクシーを呼んでもらいチェックアウト。帰宅時間帯なので、通り(Jl.Jend.Sudirman)は渋滞。渋滞だとお腹が疼くのだが、なんとかガマンし、空港へ到着。
 フライトはバリ(デンパサール)経由成田なのだが、デンパサールまではガラガラ。デンパサールからバリ帰りの日本人観光客で一杯になる。

◆成田で検疫

 一応別室へ行き、検査してもらいました。特に連絡は来ないので「問題なし」ということでしょう。下痢自体は帰国後2日くらいでおさまりました。

 やれやれ、最後に失速して(^^;しまいました。
 暴食気味だったこと、移動が多かったこと、等から疲れてしまったのでしょう。


ページの先頭へ戻る
#7へ

Copyright © 1997-2018 Dien

[KRISMONのジャワを行く:目次]

[私の好きなインドネシア]