[前頁] [ホーム(目次)] [次頁]
DOS/V黎明期のジャカルタPC生活(15)
486マシンに改造(^_^)v(92年6月)
mixiチェック 
 この年(1992年)、日本では486CPUを搭載したAT互換機の低価格化が顕

著でしたけど、ジャカルタでも、486マシンが結構安価に出始めてました。

 80286CPUマシンで日本語ウィンドウズに苦戦していた私ですが、「次は

まともな386CPU搭載の互換機を」と思っていたものの、「これなら一挙に

486CPUマシンへ」と、パソコンショップで部品を物色しだしました。



 で、486CPU付M/B、ケース等を事務所の近くのお店で購入。

 不良386SXマシンは、486DX-33MHzの最新鋭DOS/Vマシンへ生まれ変わった

のでした。



◎購入品

・i486DX-33MHz付M/B(ISAバス。まだローカルバスは普及してなかった)

・1MB SIMM(30Pin)×8枚(合計8MB! 当時としては大容量)

・シリアル/パラレルカード

・ディスクコントローラカード

・FDドライブ(1.2MB、1.44MB各一基)

・200W電源付デスクトップケース

・キーボード



 購入価格は、Rp.3,000,000 (約176,000円;Rp.17/¥くらいだったか)



 電源を入れた最初の感想...

 「速い...(^○^)」~それだけです。



 ピカピカの最新式マシンをぶっ飛ばす、、、そんな快感に一瞬ではある

けど、囚われた。
[このページの先頭へ]
[前頁] [ホーム(目次)] [次頁]
Copyright © 1997-2018 Dien