[前頁] [ホーム(目次)] [次頁]
DOS/V黎明期のジャカルタPC生活(14)

日本語Windows 3.0 を試す。(92年1月~4月頃)

mixiチェック 
 (12)で書いた通り、386SXマシンでウィンドウズは作動せず(;_:)。

再び80286CPUのパッカードベル製互換機を整備して使い始める。386SXマシ

ンから部品を流用するのではなく、足りない部品(モニター、VGAカード、

HDD、等)を新たに購入。これで、手元の互換機は2台になった。「AT互

換機は増殖する」とはよく言ったもの....



 しかし、遅い...(~_~;)。80286-12MHzのマシンでウィンドウズを使お

うというのがどだい無理な話なのだが。



 苛々はつのっていくのだった。
[このページの先頭へ]
[前頁] [ホーム(目次)] [次頁]
Copyright © 1997-2018 Dien