[前頁] [ホーム(目次)] [次頁]
DOS/V黎明期のジャカルタPC生活(5)
ジャカルタでVGAモニター&カードを調達
mixiチェック 
 無事ジャカルタにAT互換機を日本から持ち込んだが、早速その翌日 会社

に出入りの業者へVGAモニターとカードを持ってくるように依頼。

 この業者には前の出張中に予め頼んでおいたので、定時後に納品される。

 ついでにカードとモニターの組み付けもやってもらう。



 ・モニター:Tatung CM-1492V, 14インチ

       メーカ"Tatung"は漢字で書くと「大同」。Made in Taiwan

       VGA解像度(640x480)まででそれ以上の高解像度には対応し

       ていなかった(~_~;)。

 ・カード :Oak Technology VGA Card (256KB Video RAM)

       どうということのない、標準的なVGAカード。



 セットでRp.800,000。当時の換算レートRp.14/¥からすると約¥57,000。

 日本で本体と一緒に買った方が安かったかもしれないが、モニターを担い

で飛行機に乗り込む気はしなかったし、別送便などにしたらそれこそどうな

るか分らなかったろう(^_^;)。



 合計で、¥152,000(本体:日本)+¥57,000(モニター:ジャカルタ)=¥209,000



 当時 日本IBM純正の同等機が¥198,000(定価*1)で、ハードディスクもモニ

ター、マウスも付いてこないのだから、まずまずと言ったところか...



 そうそう、ジャカルタでパソコンを使う上での必需品「ボルテージ・スタ

ビライザー」も同時に購入した。500V.A.のものがRp.125,000。



 組み付け後、本体とモニターのスイッチを入れると、鮮やかなVGAカード

のロゴ表示の後にPackard Bellのロゴが現われ、インストール済みのMS-DOS

Ver.4.0が起動した。私は起動時のカラフルなロゴ表示(*2)にひたすら感激

するのであった(^_^;)。





*1:IBM PS/55Z Z02

  CPU:80286 12MHz, Memory:1MB(~_~;, FD:3.5"一基, VGAはオンボード

  ハードディスク、マウス、モニターは別、で ¥198,000

  当時、日本IBMの製品としては破格の安値。値引きもほとんどなかった。

*2:低解像度のCGAやモノクロの液晶スクリーンを見慣れた目にはほんと

  に美しかった。
[このページの先頭へ]
[前頁] [ホーム(目次)] [次頁]
Copyright © 1997-2018 Dien