[前頁] [ホーム(目次)] [次頁]
DOS/V黎明期のジャカルタPC生活(4)

初めてのAT互換機は日本で購入

mixiチェック 
 住むところも決まり、事務所も一応体裁を整えたので、一旦日本へ戻るこ

とになったが、ジャカルタで互換機を購入する決心がつかず(~_~;)。

 結局 日本で購入し、ジャカルタへ持ち込むことにした。

 日本に滞在できるのは1週間足らずで再びジャカルタへ戻らなければなら

なかったので、パソコン雑誌の広告や特集を漁って、大急ぎで機種を選定。



 予算の関係もあるので(^_^;)、386CPUを搭載したモデルは諦め、次の機種

を購入。



 パッカードベル製「PB286D」

 ・CPU:80286 12MHz

 ・メモリー:2MB

 ・ハードディスク:40MB

 ・FDD:5.25インチ(1.2MB)、3.5インチ(1.44MB)各一基

 ・PS/2マウス&英語101キーボード付き

 ・MS-DOS 4.0(英語版)付属

 ☆VGAモニターとビデオカードはジャカルタで購入するつもりだったの

  で、省いてもらった。

  CPUクロックが12MHzでは少々遅いかとも思ったが、当時同じCPUを搭載

  したDOS/V機を日本IBMやセガが発売しており、まあ大丈夫だろう と判

  断。(もちろん、ローエンド機だったけど...)

  なお、この PB286D というモデル、5.25インチFDDがドライブAに

  なっていたり(*1)、2MBのメモリーがEMS(Expanded Memory

  Specification)に利用出来なかったり(*2)と後々問題となる点もあっ

  たが、購入時は気が付かなかった(^_^;)

  これでお値段は、¥152,000(税別) 1991年頃としては格安でした。



 ところで、このメーカ(Packard Bell:USAの大手)は最近NECと組んで

"パッカードベルNEC"というブランドのDOS/V機を日本で販売しています。

 しかし当時は千葉電子という会社が販売代理店。この会社のショールーム

まで出掛けていって、DOS/Vが作動していることを確認してから購入。



 さて、我が家に届いたパソコンの包装を解き、剥き出しの本体とキーボー

ドを一緒に紐で縛る。そして、マウスとマニュアル&FD(MS-DOS 4.0)は

スーツケースに放り込んで準備完了。本体とキーボードは手荷物として機内

に持ち込んだ。



 スカルノ・ハッタ空港の税関も例によって「It's for my own use.」で無

事通り抜け、事務所へパソコンを抱えてまっすぐたどり着いた。





*1:DOS/Vのシステムディスクは3.5インチFDで供給されていた。インス

  トールする為には3.5インチFDDからシステムを起動する必要あり。

  つまり、3.5インチFDDがドライブAでないとマズイ(~_~;)

*2:EMSが使えないと、日本語入力システム(ATOK7)や表計算ソフト(アシス

  トカルク等)の利用に制限がかかってしまう(;_:)。
[このページの先頭へ]
[前頁] [ホーム(目次)] [次頁]
Copyright © 1997-2018 Dien