私の好きなインドネシアインドネシア共和国憲法補足資料1独立宣言演説

独立宣言演説


1945年8月17日、ジャカルタのスカルノ邸でインドネシアの独立が宣言されました。「独立宣言文」を含む、その際のスカルノ演説を掲載します。


原文の出展

・書名:Susunan Dalam Satu Naskah UUD 1945
・著者:Drs.Marsono
・発行:CV.Eko Jaya, Jakarta 13410

[注]*2:日付のオリジナルは1945年ではなく皇紀表現「2605年」となっていました。日本の占領下では、皇紀の使用が義務付けられていました。(参考:オランダ領東インドの日本軍占領とインドネシアの独立外部サイトのページへリンクしています) 現在のインドネシアでは、このあたりの年号記述は全て西暦に改められています。なお、厳密に言えば、日本の"占領"は日本が降伏した8月15日で終了したとも言えるでしょうが、実態としては連合国軍がインドネシアへ到達し、日本からその支配を受け継ぐまで、日本が実質的に占領し、治安を維持することを連合国側に求められていました。(「皇紀2605年の表記」もご覧ください。)

[補足1]インドネシア中学校社会科教科書に、日本の無条件降伏(1945年8月15日)から上記の独立宣言(1945年8月17日)までのインドネシア独立指導者たちの動きが記述されています。→インドネシア中学校社会科教科書「独立準備の過程」


[このページの先頭へ戻る]


Copyright © 1997-2018 Dien
2007年08月04日更新

このページは著作権上の保護を受けています。このページの画像・文章・音声等のいかなる部分も、著者の 許諾を得ずに、電子的・機械的に複写・複製・転載することは禁止されています。