スペース
ボロブドゥール、プランバナンとジャワの寺院遺跡 私の好きなインドネシア:トップページへ戻る
Copyright © 1997-2018 Dien
前の写真へサムネイル(縮小写真一覧)次の写真へ

プランバナン寺院(遺跡)(ユネスコ世界遺産):インドネシア ジャワ島(2)
プランバナン寺院(2)

プランバナン寺院(2)(ユネスコ世界遺産):ジャワの寺院(遺跡):インドネシア

プランバナン寺院のうち最大の規模を誇るシバ寺院。高さ約47mに達する。
東側正面やや南側からの撮影。

プランバナン寺院群配置図

この寺院は、別名「ロロ・ジョングラン(Loro Jonggrang:ジャワ語で「痩身の乙女」の意味)」とも言われる。
かつて、求婚者に無理な要求(一晩に千の寺院を造る事)を課して婚姻を断ろうとした乙女 ロロ・ジョングランが求婚者の怒りを買い、この寺院のなかに祭られている「Durga(Sivaの妻)」の像に姿を変えられたという言い伝えがあることから、この別名がついたと言われる。(参考:ロロ・ジョングランの伝説

また、このシバ寺院と隣のブラーマ寺院には、インドの古代叙事詩「ラーマーヤナ」の話がレリーフとして側壁に刻まれているのも有名です。

「ラーマーヤナ」は紀元前4世紀~紀元2世紀頃にかけて成立したお話のようです。同じくインドの叙事詩で有名なマハーバーラタよりも前らしい。

あらすじは;
コサラ王国の王子ラーマは腹違いの弟バラタ王子の母親カイケイ妃の奸計により、14年間 国外追放されます。ダンダカの森で隠遁生活を送りますが、妻のシンタが魔王ラワナの目にとまり、ラワナの手によって誘拐されてしまいます。
誘拐されたシンタを救出する為にラーマ王子は猿王スグリワの助けを受け、シンタ救出に向かいます。(有名なハヌマンはスグリワの腹心の将軍です。)
ラーマ王子の率いる軍勢とラワナの軍隊の戦いはラーマ側の勝利に終わり、ラーマはシンタと共にコサラ王国へ凱旋し、王位につきます。
と、いったところでしょうか....

・関連ページ:ラーマーヤナバレーの思い出

プランバナン周辺図

撮影時期:1994年02月

プランバナン寺院(1) (2) (3) (4)

ラーマーヤナ レリーフ (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32)

前の写真へジャンプ 次の写真へジャンプ


このページの先頭へジャンプ
ボロブドゥール、プランバナンとジャワの寺院遺跡 Index pageサムネイル

Copyright © 1997-2018 Dien