スペース
ボロブドゥール、プランバナンとジャワの寺院遺跡 私の好きなインドネシア:トップページへ戻る
Copyright © 1997-2018 Dien
前の写真へサムネイル(縮小写真一覧)次の写真へ

プランバナン寺院(遺跡)ユネスコ世界遺産:インドネシア ジャワ島(1)
プランバナン寺院(1)

プランバナン寺院(1)(ユネスコ世界遺産):ジャワの寺院(遺跡):インドネシア

ジョグジャカルタと近郊:地図ジョグジャカルタ近郊に残るプランバナン寺院は、ユネスコの世界遺産にも認定された有名な遺跡です。

9世紀頃 サンジャヤ(Sanjaya)朝によって建設されたヒンズー教寺院。ジャワ島に残るヒンズー教寺院の遺跡のなかでは最大の規模です。上の写真にある復元された大寺院の周囲を200以上の小寺院が取り囲んでいたらしい。(小寺院は未だに瓦礫の山。復元は難しいのでしょう)

ツーリストパーク(ジョグジャカルタから自動車で約30分)の中に位置している。また、同パーク内には、ルンブンブブラセウといった寺院遺跡も残っている。

1991年にユネスコ世界遺産に登録された。

*入場料:US$7 (2002年02月時点の外国人旅行者向け料金)

プランバナン寺院群配置図
ヒンズー教の主な神々を祭った寺院遺跡。シバ、ブラーマ、ヴィシュヌの3寺院が中心であり、その東側には、それぞれの神々の乗り物といわれるナンディン(シバ神が乗る神聖な牛)、ハムサ(ブラーマ神が乗る鳥*)、ガルーダ(ヴィシュヌ神が乗る神鷲)の寺院が置かれている。なお、アピト寺院については、目的・由来が不明らしい。
*注:ハムサ(Hamsa)については、どんな鳥なのかよく分かりません。英訳例を見ると、「Goose(ガチョウ)」「Gander(雁)」「Swan(白鳥)」など様々。ブラーマ神についてもっと調べるしかなさそうです。

プランバナン周辺図

撮影時期:1994年02月(東側からの撮影)

プランバナン寺院(1) (2) (3) (4)

ラーマーヤナ レリーフ (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20) (21) (22) (23) (24) (25) (26) (27) (28) (29) (30) (31) (32)

前の写真へジャンプ 次の写真へジャンプ


このページの先頭へジャンプ
ボロブドゥール、プランバナンとジャワの寺院遺跡 Index pageサムネイル

Copyright © 1997-2018 Dien