モザイクアートの作り方

  

大きさ

4メートル四方

ピクセル数

40000(200×200)

ピクセルの大きさ

2センチ四方

使用色数

8色

  1. デジタルカメラで原画となる写真を撮る。

  2. パソコンを使って200×200ピクセルの画像にする。

  3. さらに8色に減色する。

  4. 画像を拡大し画面を見ながら1ピクセルずつ色の配列をよみとり、記号化して設計図に書きこむ。

  5. 設計図を40分割する(一人当たり1000ピクセル分作ることになる)。

  6. 画像の色に近い折り紙(8色)を用意し2センチ四方のチップに切る。

  7. 2センチ四方の方眼を入れた台紙に設計図を見ながら色の配置を書き写し、チップを貼り付けていく。

  8. 4メートル四方の大きさにつなげた模造紙の上に各自が作ったモザイクを張り合わせていく。

  9. 壁にぶら下げて完成(写真は展示が終わった後で床に下ろして記念撮影した)。

実際は工程6まで数人のプロジェクトチームで進め、7の作業をクラス全員で行った。クラスには不登校の生徒もいるが、家にチップと台紙を持って行って作業してもらった(問屋制家内工業のようだ)。1年間の学校生活を通じて、全員参加で活動できる機会はこれしかないと思っていたので担任としては今回の取り組みには満足している。


表紙に戻る